実録!下肢静脈瘤の手術の流れ(外来~病棟)

男性の患者

手術となるとやはり緊張します

手術予定時間は午後2時。指定されていた午前11時に受付を終了し、外来で身長、体重、血圧、体温を測定した後、病棟へ向かいました。

今までとは真逆の患者側になることに不思議な感覚を抱きながら病棟へ到着。病棟では、まず問診と入院時の説明がありました。説明後、手術の前準備のために、医療用の電気シェーバーを渡されました。今回の下肢静脈瘤の手術は、太腿にある大伏在静脈という血管を治療するため、足の付け根の体毛処理も必要となるようです。

そのあと、パンツが消毒などで汚れるということで、大人用オムツに着替える必要があるとの説明がありました。変なところで感心し、オムツを装着。下肢静脈瘤の反対側の足には、血栓予防のために弾性ストッキングが必要とのこと。結構、タイトなので履くのがキツイ。最後に手術用の術着に着替えて、手術の準備万端となりました。

実録!下肢静脈瘤の手術の流れ(いざ手術台へ)

手術は午後2時なので、お昼ご飯はなく点滴です。午後1時ごろに麻酔科の先生から簡単な説明があり、午後2時少し前に、車椅子で手術室に向かいます。

手術室に入ると、担当の先生より静脈瘤の写真や超音波検査の確認をされた後、手術台の上へ。まさに「まな板の鯉」状態です。手足を軽く固定されたあとは、麻酔が効いてきたようで、それから先は覚えていません。

実録!下肢静脈瘤の手術の流れ(手術直後)

医師と患者

無事に手術も終了しました

目が覚めたのは、午後4時半。部屋のベッドの上でした。周囲は心電図モニターやら点滴やらで身動きできない状態に。手術した足にはグルグルと包帯が巻かれています。聞くと手術は2時間ほどで終了したとのこと。麻酔が効いているようで足の痛みはありません。

午後6時ごろまでは安静が必要とのことですので、しばし我慢です。午後6時過ぎに安静が解除されて、やっと自由の身になりました。そのあとは、食事の許可も出て、半日ぶりの食事となりました。お腹がすいていたので完食でした。

術後の痛みに関しては、思ったほど痛くないと思っていたら、術後4時間ほど経った頃から傷口がうずいてきました。どうやら、痛みどめの麻酔が切れてきたようです。痛みどめのロキソニンをもらって、なんとか痛みを治めることができました。

実録!下肢静脈瘤の手術の流れ(退院後)

■術後翌日
朝から担当の先生の診察。傷の具合も問題ないとのことで、超音波検査へ。特に問題もなく、午前中に無事退院となりました。足の痛みは、痛みどめを飲めばなんとかなる程度です。退院したその足で職場へと向かいました。歩くと傷口が引っ張られた感じもありますが、仕事には支障がない程度。ちなみに、入院費用は一泊二日で9万円(3割負担)ほどでした。

■術後2~7日
足の痛みがあるので、痛みどめが必要ですが、徐々に必要とする間隔も伸びてきました。術後は太腿に内出血の大きなアザができましたが、これは自然と消失していきました。術後の足は突っ張り感があり、走ることはできませんが、日に日に足の痛みや突っ張り感が良くなっていることを実感できます。

■術後8日~半年後
8日目の診察後、経過良好で入浴許可がでました。その後も問題なく、半年経過した現在では、以前のような足の重い感じやシビレはまったくなくなりました。静脈瘤自体はまったくなくなったとはいえませんが、ほとんど目立たないようになりました。皮膚炎による色素沈着も良くなってきています。

今回手術を受けた感想として、下肢静脈瘤のレーザー治療は思ったほど大変なものではなく、私自身としては正解だったと思います。下肢静脈瘤で悩んでいる方は、専門医療機関(血管外科など)に相談してみるといいでしょう。


■関連記事
「だるさ・むくみは静脈瘤?下肢静脈瘤の原因と治療法」
「下肢静脈瘤のレーザー治療!レーザー治療を受けるまで」


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※当サイトにおける医師・医療従事者等による情報の提供は、診断・治療行為ではありません。診断・治療を必要とする方は、適切な医療機関での受診をおすすめいたします。記事内容は執筆者個人の見解によるものであり、全ての方への有効性を保証するものではありません。当サイトで提供する情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、各ガイド、その他当社と契約した情報提供者は一切の責任を負いかねます。
免責事項