忘年会太りを回避するためのダイエット方法5つ!

忘年会太りを回避するためのダイエット方法

忘年会太りを回避するためのダイエット方法

今年も残すところあとわずか! これからはほぼ毎日のように忘年会の予定が入っている……なんて人も多いのではないでしょうか? ダイエット中だからと断るわけにもいかず、かといって「あ~ぁ、痩せたい!」と漠然と思っていても体は絞れません。

そこで今回は忘年会シーズン対策として、これさえ守れば太らない!というポイント&コツを5つご紹介したいと思いますので、さっそくチェックしてみましょう。
   

1.「とりあえずビール!」にイイことなし

「ビールで乾杯~!」は最初の一口だけに!!

「ビールで乾杯~!」は最初の一口だけに!!

「じゃあ、とりあえずビール!」ってよくよく考えると全く意味がないと思いませんか? 何もとりあえずビールにする必要はありません。ビールは中瓶1本で約200kcalし、つぎ足しされやすく、どんどん飲む量も増えていくものです。しかも、上司や取引先と一緒だったら尚更ですよね。

では、他のアルコールはどうかというと、日本酒1合約200kcal、発泡酒1缶約350kcal、焼酎約280kcalと高カロリーのオンパレード。

そこでオススメなのがワインです。ワイン(赤・白)は100mlで約60kcalと、アルコールの中では比較的低カロリーの飲み物。しかも、赤ワインに含まれるポリフェノールには、悪玉コレステロールの酸化を抑える美容効果があるので、ダイエット中でも心おきなく飲めるのが◎。

どうしても「とりあえずビール!」じゃないと場がしらける……という場合は、乾杯の一口だけをビールにして、あとはワインをゆっくり飲むようにするのが賢明かと思われます。
 

2.おつまみは、「サラダ」「豆腐」「漬物」をオーダー!

クセになる揚げ物はダイエット中NG

クセになる揚げ物はダイエット中NG

立て続けに続く忘年会でも太らないようにするには、脂肪分や塩分の多いおつまみは避けたほうがよいでしょう。唐揚げや味の濃い料理はカロリーが高いばかりでなく、ついついお酒も進んでしまうもの。これでは深酔いするは、食べ物の抑制は効かなくなるはずで、ダイエットどころではありません。

そこでオススメのメニューとして挙げられるのが、まずサラダ。特に豆腐や海草がトッピングされているものは、高タンパク質かつミネラルも豊富なので是非チョイスしましょう。また、お鍋に入っている野菜をつまんだり、枝豆やきのこ類でお腹を満たすのも◎。

せっかく人が集まる忘年会ですから、きちんと食べたいし楽しみたいもの! ただ、心がけとして上のことを知っていくのは重要なポイントですよね。
 

3.ちゃっかり自分の分だけ少な目に!

忘年会の席では、小間使い役に徹しましょう!

忘年会の席では、小間使い役に徹しましょう!

居酒屋の宴会コースやお鍋、中華など大皿料理の場合は、積極的に取り分け係を実践しましょう。こうすることで自分の分だけ少な目に取り分けられ、カロリーを抑えることが可能です。

また、お酒が足りているかどうかをこまめに確認しオーダーする、空いたお皿を片付けるなどの行動を多くすることで、飲む&食べる量が自然と少なくなり、「気が利く人!」として株が上がる可能性もあり得るかも!?
 

4.運動量を増やして調整する!

特にこれからの忘年会シーズンは、意識的に動くのが大切!

特にこれからの忘年会シーズンは、意識的に動くのが大切!

どんなに飲み物&食べ物に注意していても、忘年会続きではボディラインが怪しくなっていくもの。そこで、忘年会帰りは酔い覚ましも兼ねて「ひと駅ぶん歩き」を実践してみましょう。

ひと駅手前の駅で降りて、競歩並みの早さでサッサッと歩く。さらに姿勢を正し、お腹周りを意識して歩けば、だぶついたウエストや腰周りも引き締まること間違いなしです。

その他、通勤時にエスカレーターではなく階段を使う、駅のホームや電車内ではお腹を引き上げながら立つようにするなど、小さなことでも気がついたらとにかく体を意識することが重要です。
 

5.帰り道のコンビニは気をつけて!

コンビニの誘惑に負けるな!!

コンビニの誘惑に負けるな!!

せっかく「ひと駅ぶん歩き」をしても、コンビニの灯りに引き寄せられて、プリンやチョコなどのお菓子を買ってしまっては台無しです。酔いも手伝って気が大きくなり、カップラーメンやレジ近くの揚げ物まで購入……なんて論外!

また男性の場合は、〆のラーメンにもご注意です。高カロリーのラーメンを深夜に食べれば、そのカロリーは消費されず脂肪になるばかり。

忘年会帰りのコンビニや〆のラーメンは諦めましょうね。
------------------------------
忘年会シーズンのダイエットのポイントとコツはいかがでしたか?

少なくともこの5つさえ守れば、取り返しがつかないほど太ってしまった!なんてことにはならないはず。

「今日も明日も忘年会」という人は、ぜひ実践してみて下さいね。

【関連記事】

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※ダイエットは個人の体質、また、誤った方法による実践に起因して体調不良を引き起こす場合があります。実践の際には、必ず自身の体質及び健康状態を十分に考慮したうえで、正しい方法でおこなってください。また、全ての方への有効性を保証するものではありません。