また、ケトン体自体は酸性の物質で、量が増え過ぎると血液の酸度を変えてしまう(病気になる)可能性もあります。

ですから、ダイエット中に尿中のケトン体の量が増えた際には、脂肪が主なエネルギー源に変わったということは確認しつつも、それをきっかけに過激なダイエットに走らない冷静さも必要です。

ケトン体の測り方

尿試験紙
ケトン体を測定できる試験紙
尿中のケトン体の量を測定するには、ケトン体の量が測れる尿試験紙を利用します。

試験紙は薬局で購入が可能ですが、陳列棚に並んでいることは稀ですので、注文して後日受け取ることが多くなるかと思います。

薬局で購入の際には「ケトン体を測定する尿試験紙を下さい」と言えば理解していただけると思います(時に糖の試験紙と勘違いする店員さんもいるのでその点は注意)。

ちなみに値段は100回分で3000円程度です(糖やタンパク質など他の物質を同時に測定できるタイプは、値段がさらに高くなります)。

試験紙の使用方法は、各説明書に従ってください。


プチ断食の進行管理におすすめ

ケトン体試験紙
尿中のケトン体の量が増えると、試薬の色が変わり、その変わり具合でケトン体のおよその量も推定できます。
特に短期の断食などを行う際には、エネルギー源が体脂肪に変わった瞬間が視覚的にわかるという点で、モチベーションの維持に役立つことでしょう。

また、今回は頑張って(急いで)ダイエットを行っている方のためのお話であり、緩やかなダイエットではケトン体が尿中に増えないこともありますのでその点はあらかじめご了承ください。

■関連記事:名古屋発 優雅にホテルファスティング体験

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※ダイエットは個人の体質、また、誤った方法による実践に起因して体調不良を引き起こす場合があります。実践の際には、必ず自身の体質及び健康状態を十分に考慮したうえで、正しい方法でおこなってください。また、全ての方への有効性を保証するものではありません。