バストアップのためのバランスボールエクササイズ

バストアップ
反動をつけずにゆっくりと行います。
ボールを両手でつかみ胸の筋肉が刺激されていることを意識しながら内側に強く押します。5秒間ほどかけてゆっくりと押したら、できるだけゆっくり元の状態にもどします。この動作を5~10回繰り返します。

バストアップ
こちらも反動をつけずにゆっくり行います。
次にひざを床につけてバランスボールを両手で上から押さえます。その後、胸からひざまでが一直線になるように意識してボールを押して上体を起こします。いわゆる腕立て伏せをバランスボールの上で行っている状態です。さらに負荷を強くするには、ひざを曲げずに(床につけずに)、胸から足首まで一直線になるような形で同じ動作を行いましょう。


生活で使う椅子代わりに

バランスボールの恐らく最大の難点は収納に場所を取ることでしょう。頻繁に空気を出し入れすることを想定して作られていませんので、一度膨らませたらそのまま部屋の中に転がすか、収納に約1メートル四方の空間が必要になります。そこで逆におすすめなのが、普段使う椅子としてバランスボールを使ってしまうこと。慣れてしまえばバランスボールに座ってテレビを見たり、食事をすることはさほど難しくありません(ついで座っているだけで、バランスを取るための筋肉が使われます)。もちろん完全にリラックスはできませんし、端から見れば目立ちますので、それを覚悟できる方のみオススメということではありますが…。

なお、バランスボールには筋トレや有酸素運動以外に、体の歪みを改善するための使い方などもありますので、次の記事などを参考に挑戦してみましょう!

■記事:バランスボールで姿勢美人(美しい姿勢・歩き方)

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※ダイエットは個人の体質、また、誤った方法による実践に起因して体調不良を引き起こす場合があります。実践の際には、必ず自身の体質及び健康状態を十分に考慮したうえで、正しい方法でおこなってください。また、全ての方への有効性を保証するものではありません。