バランスボール
バランスボールは、フィットネスボール、Gボール、ヨガボール、エクササイズボールなどの様々な別名があります。
屋内でできるエクササイズの一つとして、今回はバランスボールを取り上げてみます。

バランスボールとは主に直径が60センチメートル前後の空気で膨らませたボールで、人が全体重で乗ったり、座ったまま飛び跳ねても割れない素材(許容重量は要確認)で作られています。そのクッション性や丸い形状を利用して、ストレッチや筋トレ、有酸素運動などさまざまなエクササイズの補助具として利用できます。


有酸素運動と筋トレを同時に!

ジャンプ
調子に乗りすぎて転ばないように注意!
例えば、バランスボールに座って上下に飛び跳ねます。一見単純な動作のように見えますが、丸いボールの上で上半身を使ってバランスを取りつつ、下半身を使って弾まなければならないので、実際には全身の筋肉を使う複雑で激しい有酸素運動になります。また、この際ボールが下方向への衝撃を吸収するため、直に飛び跳ねるよりも音が静かで床にダメージを与えにくいという利点も特筆すべきでしょう。


前歩き
ここまで来たらまた元の(ボールに座った)状態に戻りましょう。
さらに、有酸素運動と筋トレの中間的な使い方をご紹介すれば、バランスボールに座った状態から、前後、左右に歩くという動きがあります。

例えば、右写真はバランスボールに座った姿勢から、脚を使って前に歩き、ボールがお尻から腰、背中、肩へと移動した状態です。この状態から今度は後ろに移動し、元の座った状態に戻ります。これを繰り返すことで、歩くという有酸素運動と同時に脚やお腹周りの筋トレも可能になるのです。

その他ピンポイントに筋肉を刺激する場合は次ページのような使い方も。


<<次ページへ続く>>