基本の野菜スープ

<材料>
野菜スープ
とにかく野菜を大盛りで入れましょう!
(以下の分量は、直径25~30センチ程度の大きな鍋でつくる場合です。実際に使用する分量は、ご自分が使用する鍋にぎっしり野菜が詰まる程度に調整してください)

・玉ねぎ(大2個)
・ホールトマト又はチョップドトマトの缶詰(一缶)
・キャベツ(1/2個)
・白菜(1/2個)
・ブロッコリー(1/2株)
・カリフラワー(1/2株)
・きのこ類(えのき、エリンギ、しいたけ、なめこ、しめじ それぞれ100g程度)
・洋風ダシの素(コンソメ等を大さじ2)
・水(半~1カップ)

※全ての具材を入れなければならないということではありません。キャベツや白菜のような水分を多く出す葉野菜が1つ以上入っていれば、あとはお好みで材料を減らすこともできますし、セロリや大根、マイタケ、もやしなど他の具材を入れてもかまいません。ただし、ダイエットのための常備食作りですから、いも類やまめ類のようなデンプン質の具材は入れないようにしましょう!

<作り方>

野菜スープ
これでベースのできあがり!低カロリーですので、そのまま又はいろんな料理の増量剤として利用して下さい!
1:野菜、きのこ類をよく洗う。
2:玉ねぎをスライスし、一つまみの塩を全体にまぶし(水分を出しやすくして)鍋に入れる。
3:キャベツなど葉野菜を2と同じく切り、塩をまぶして鍋に入れる。
4:きのこ等々も適当な大きさに切って鍋に入れる。
5:ホールトマトの缶詰と洋風ダシの素を更に加える。
6:水を注ぎ、鍋に蓋をして弱火にかける
7:吹き零れないように注意をしながら、野菜がしんなりしてやわらかくなるまで20分くらい煮る。
(圧力釜の場合は、圧がかかったら弱火にし、5分ほど火にかけたら火から下ろして放置)
8:冷めたら半量はそのまま、もう半量はミキサーでペースト状にし、タッパーに小分けにして冷蔵及び冷凍。

<食べ方>

・お好みで水を加えスープ状にし加熱。塩コショウ、ハーブ類などで調味して低カロリースープとして食べる。
・ごはんや卵などを入れて低カロリーリゾット(風)にする。
・ケチャップとコショウなどで調味し、茹でた鶏肉(赤身)などを入れて低カロリーパスタソースにする。
・ペースト状のものは、無脂肪乳、豆乳などで割り、塩コショウで調味。ハーブ(パセリなど)を散らしてポタージュスープ風にして飲む。
など。

様々工夫して2週間はできるだけ3度の食事に何らかの形で取り入れて食事量を確保しながら1日の摂取エネルギーを減らしていきます。ポイントとしては、この野菜スープを使う割合が増えれば増えるほどダイエットには有利な料理になりますので、できるだけ中心的に使うようにします。(間食や夜食も、このスープがベースの料理なら太りにくくなります)


次のページは、美しくなるために必要な栄養がぎっしりのミネラルペーストのご紹介です!




** 関連リンク **
2週間緊急ダイエット!食事編
2週間緊急ダイエット!エクササイズ上半身編
2週間緊急ダイエット!エクササイズ下半身編
モデル体型へのダイエット(1)
モデル体型へのダイエット(2)
モデル体型へのダイエット(3)
モデル体型へのダイエット(4)



■関連記事■
「太らない食べ方」特集>>
「簡単!スピードダイエット」特集>>
「流行のダイエット」特集>>

痩せたい気持ちにこたえます!今の気分であなたに合ったダイエットサーチ>>