4月の下旬、ダイエットスタートから一月半ほど立ちまして、吉岡さん(仮名)の体重は51キロ台(マイナス4kg)になっているそうです。ご本人の話では、5月中頃に友人の結婚披露パーティがあり、何とかそこまでには40キロ台になりお気に入りのワンピースを着こなしたいとの想いがあるとのこと。

また、最近ではファスナーがしまらなくなって着られなくなった服がまた着られるようになって非常に嬉しいとの報告も受けています。

アンチエイジングを視野に入れて


これまで、私が吉岡さんにお願いしたことをまとめると次のようになります。

一、野菜類、果実類を多く食べること

老化を早める原因の一つとして、体内で過剰に発生したフリーラジカル(活性酸素や一酸化窒素など)の影響が指摘されています。植物には紫外線の影響でできるフリーラジカルから自分の身を守るための抗酸化物質が多量に含まれており、それらを豊富に取り入れるために野菜や果物を多く食べることが役に立ちます。

一、コエンザイムQ10を1日50~100mgを目安に

抗酸化物質(フリーラジカルの悪影響を抑える)の代表格であるコエンザイムQ10は加齢とともに体内での存在量が減っていきます。通常1日100mg程度を摂取することが多く勧められているようですが、吉岡さんがまだ20代であることを考えて「100mg以内で気分に応じて(この辺の指示は適当ですが…)摂取してください」とお知らせしています。

一、水を多く飲みできるだけ汗をかく

鉛、水銀、ヒ素などの有害金属を、できるだけ速やかに尿として排出するために特に水分摂取が少なくなりがちなダイエット中は意識して水分をとるべきです。また、有害金属は汗からも排出されると言われていますので、大いに汗をかくことがダイエットにもアンチエイジングにも役に立ちます。

次ページへつづく…