3月8日は「ミモザの日」、ミモザの特徴や花言葉とは?

黄色い小花が房状に咲くミモザは女性に大人気!

黄色い小花が房状に咲くミモザは春らしい彩りで大人気! ミモザの特徴や花言葉とは?

3月8日は「ミモザの日」で、女性にミモザを贈る習わしもあります。黄色いミモザは、春らしい彩りで、近年はリースやスワッグなどに使われる花としても大人気! そんなミモザは本来、オジギソウの別名なのをご存知でしょうか。ミモザの特徴、季語や花言葉などの豆知識を紹介します。
 
<INDEX>  

ミモザはオジギソウの別名!?

本来、ミモザはオジギソウの別名

本来、ミモザはオジギソウの別名。様子が似ていますね

本来「ミモザ(Mimosa)」は、触るとお辞儀をするように動く「オジギソウ」の別名です。マメ科オジギソウ属オジギソウ種の学名「Mimosa pudina」から、オジギソウの別名をミモザといいます。
 
しかし現在、ミモザといえば、「フサアカシア」や「ギンヨウアカシア」など黄色い房状の花を咲かせるマメ科アカシア属の俗称となっています。これは、イギリスで南フランスから輸入されたフサアカシアを「Mimosa」と呼んだことから誤用が広がり、黄色い房状の花が咲くアカシアの仲間の呼び名として定着したからです。

日本のミモザの花期は2~3月。「ミモザ」「花ミモザ」「銀葉アカシア」が、春(初春)の季語になっています。
 

ミモザの特徴は? ドライにしても黄色が残りリースやスワッグも人気

庭木としても人気のミモザ。高木で10メートルを超えることも

庭木としても人気のミモザ。高木で10mを超えることも

ミモザ(アカシア)は、シルバーリーフと呼ばれる銀色がかったグリーンの葉が特徴的な常緑高木です。銀色がかったグリーンの葉と、春先に咲く明るい黄色の花のコントラストが美しく、庭木としても人気。ただし、地植えで育てると10mを超すことがあるので、植える場所を考えたほうがよいでしょう。
ドライフラワーにしてもOK

ドライフラワーにしてもOK

ミモザの花はドライにしても黄色が残るため、ドライフラワー、リース、スワッグにするのも人気です。黄色が可愛らしいミモザを飾ると、お部屋が春らしい雰囲気になりますね。
 

3月8日「ミモザの日」、国際女性デーで女性にミモザを贈る習慣も

日本の花屋の店先でも、存在感のあるミモザ。「ミモザの日」も注目されています

日本の花屋の店先でも存在感のあるミモザ。「ミモザの日」も注目されています

3月8日は「ミモザの日」になっています。これは、3月8日「国際女性デー(International Women’s Day)」のシンボリックな花だからです。
 
「国際女性デー」は、女性の社会参加や地位向上などを訴える日として、国連によって定められました。この日イタリアでは、日頃の感謝を込めて男性から女性へミモザの花を贈る習慣があることから「ミモザの日」と呼ばれています。また、ミモザが黄色い花であるため、イエローが国際女性デーのシンボルカラーになっています。
 
折々に花を贈る習慣があるイタリアでは、街中の花屋にミモザが溢れ、夫から妻へ、息子から母へ、同僚や友達など身近な女性へ、さらには女性同士でもミモザを贈り合うそう。もらったミモザは、胸元や髪につけたり、壁につるしたりして大切に飾り、特別な花として扱われています。日本でも、この時期になるとミモザの花が注目されます。
 

感謝や恋の象徴、ミモザの花言葉は?

ミモザの花言葉に思いを込めて…

ミモザの花言葉に思いを込めて……

ミモザにはたくさんの花言葉がありますが、その中から有名なものを紹介します。
 
・感謝
イタリアで男性が女性に感謝の気持ちを込めてミモザを贈る風習に由来。

・秘かな恋、真実の愛
ネイティブ・アメリカンの男性が女性に告白する際、ミモザの花を贈ったことに由来。

・友情
感謝や愛する気持ちを広義的にとらえ友情の意味をもつように。

・優雅、エレガント
小さな花が連なる花の様子から。

・思いやり、豊かな感受性
フランスのミモザの花言葉「sensibilite」(感覚・感性・思いやり)から。
 
【関連記事】
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。