お正月に余ったお餅を消費したい! 飽きずに楽しめる餅レシピ4選

お正月に余ったお餅は、色んなレパートリーの味付けで美味しく楽しみながら消費したいですよね! ふつうの焼き餅や磯辺焼きなどに飽きたら、ちょっと変わった味付けの餅料理に挑戦してみませんか? 今回は、お正月に余ったお餅を活用した、絶品餅レシピ4選をご紹介します。
 

肉巻きキムチ餅

肉巻きキムチ餅(出典:)

肉巻きキムチ餅(出典:余ったお餅をアレンジ 肉巻きキムチ餅のレシピ

餅とキムチを豚肉で巻いて焼く、肉巻きキムチ餅のレシピです。「肉巻きおにぎり」のような感覚で、おやつや軽食として楽しめます。たれの香ばしい風味と弾力のある餅、キムチの心地よい辛味が絡み合う肉巻きキムチ餅は、作り方こそお手軽ながら絶品の味! 肉の代わりに海苔で巻いてコチュジャンを添えて食べても美味しくいただけます。

【作り方】4個分
  1. 豚肉の上に切り餅をおき、その上にキムチをのせ、肉で巻いていく(計4個)
  2. フライパンを熱し、油を薄くひき、【1】を肉の巻き終わりを下にして並べ、全面を焼いて、肉に火が通り、餅がほぼ柔らかくなったところで、焼き肉のたれ適量をかけて、焼きからめる
  3. 器に取って、かいわれ大根を飾ったら完成
 

桜えび混ぜ餅

桜えび混ぜもち(出典:)

桜えび混ぜ餅(出典:レンジで2分! アレンジ自在、桜えび混ぜ餅

レンジで2分加熱するだけでできる、簡単&時短の混ぜ餅レシピ。桜えびの香ばしい味わいが餅と相性抜群! そのまま食べても美味しいのですが、豆板醤と味噌に添えて食べると、よりしっかりとした味付けに。お腹がすいたタイミングにすぐ作れるので、おやつやおつまみとしても楽しめます。

【作り方】1人分
  1. ボウルにお水をはり、餅2個を水にくぐらせる
  2. 耐熱容器にお餅を入れてラップし、600Wの電子レンジで2分加熱する
  3. 熱いうちに桜えび5gを加えて混ぜ、濡らした手で餅を丸める
  4. 豆板醤小さじ1/4と味噌小さじ1を混ぜておき、器に添えたら完成
 

おかき

おかき(出典:)

おかき(出典:おかきの作り方! 10分で出来るお餅を使った簡単レシピ

大人気のお煎餅「おかき」も、時短かつ簡単に作れるので、お餅活用レシピとしておすすめです! でき立てはカリカリほくほくで、何個でも食べたくなる美味しさ! 味付けは醤油と黒こしょう、ドライパセリと粉チーズなど、2種類以上用意することで、飽きずに楽しめる味わいに。

【作り方】2人分
  1. 包丁の根元で餅2個を縦三等分に切り、ランダムで同じ大きさに角切りする
  2. 鍋にサラダ油を注ぎ、餅をそっといれたときに底につかないくらいの温度で揚げる
  3. まんべんなくきつね色になるまでお箸で転がし、揚がったらお皿にキッチンペーパーを敷いて取り出す
  4. 醤油と黒こしょう、ドライパセリと粉チーズをそれぞれ混ぜるなど、お好みの味付けていただく
 

バター餅

バター餅(出典:)

バター餅(出典:バター餅の作り方を紹介!秋田名物のバター餅を切り餅で作ってみよう

秋田名物のバター餅のレシピです。優しい甘さとバターの香りが心地よく、食感はふわっふわ。時間が経ってもかたくなりにくく、電子レンジを使ったレシピなのでとっても簡単。家事の合間にささっと作っておけるのも嬉しいポイントです。育ち盛りのお子さんにもおすすめ!

【作り方】2~3人分
  1. 耐熱ボウルに水で濡らした餅3個を入れ、水大さじ2を回しかけ、ラップをふんわりかけて1分半~2分、柔らかくなるまで加熱する
  2. 湯を捨てて、丈夫なスプーンでかき混ぜ、柔らかい餅にする
  3. なめらかで柔らかい餅になったら、砂糖大さじ2.5、塩少々、卵黄1/2個を入れてかき混ぜる
  4. バター6~7gを入れ、バターを餅で包む感じで混ぜる。バターが全体になじんだら、片栗粉大さじ1/2を加えて混ぜる
  5. 手に薄く片栗粉少々をつけて手で持ち、軽くこねてまとめる
  6. 打ち粉少々を敷いたバットの上で形を整え、しばらく置いて切りやすいかたさにする
  7. 包丁で切り分けて完成

投資に興味のない未経験者限定で、オンラインインタビューを受けていただける方を募集中!
ご応募の際に事前に投資意向調査アンケートにご回答いただきます。
投資に興味がない方限定で受け付けております。
※謝礼は10,000円になります(最大10名まで。投資に興味のある方からの募集は〆切りました)

ご協力いただける方はこちらから回答をお願いいたします(回答期限は2021年3月8日15時まで)


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※衛生面および保存状態に起因して食中毒や体調不良を引き起こす場合があります。必ず清潔な状態で、正しい方法で行い、なるべく早めにお召し上がりください。また、持ち運びの際は保存方法に注意してください。