韓国式アメリカンドッグ ハットグの作り方

所要時間:15分

カテゴリー:ご飯・麺・粉物ホットドッグ

 

とろ~り伸びるチーズが極うま!

近頃、原宿などで流行している韓国式アメリカンドッグ「ハットグ」は、とろりと伸びるチーズが魅力のホットスナックです。そろそろ、地方のお祭りの屋台などでも売られるようになる予感がしますが、その前に家庭で再現してみませんか。

ホットケーキミックスを使った簡単な作り方を紹介します。是非お試しください。
 

ハットグの材料(4本分

主材料
ホットケーキミックス 200g
牛乳 75cc
魚肉ソーセージ 1本と1/3
チーズ さけるチーズ 2本
プロセスチーズ スライスチーズ 1枚
パン粉 適量
小麦粉 打ち粉用 少々
その他
揚げ用 適量
トマトケチャップ 少々
マスタード 少々
チーズの特徴について紹介します。さけるチーズは棒状で使いやすくよく伸びますがトロトロ感は薄いです。その他に、ゴーダチーズやカチョカバロ、モッツアレラも試してみました。トロトロと柔らかいものやあまり伸びないものといったように、チーズにはそれぞれの個性が感じられて面白いです。今回のように、2種類のチーズを組み合わせるのもいいです。

ハットグの作り方・手順

ハットグを作る

1:ソーセージとチーズを切る

ソーセージとチーズを切る
魚肉ソーセージとさけるチーズを4等分にする。

2:箸に刺す

箸に刺す
箸(または串)に(1)を刺して、さけるチーズの部分に4等分に切ったスライスチーズを巻きつける。

3:ホットケーキミックスと牛乳を混ぜてこねる

ホットケーキミックスと牛乳を混ぜてこねる
ボウルにホットケーキミックスを入れ、牛乳を注ぎ入れながら箸で混ぜ、粉に水分がいきわたったら、手で軽くこねて丸める。 牛乳は一気に入れてしまわずに、こねて堅さを確かめながら微調整する。生地が堅くてまとまらないようであれば、水を少量足す。

4:打ち粉をふって4等分にする

打ち粉をふって4等分にする
打ち粉をふって、4分割する。

5:生地を伸ばす

生地を伸ばす
生地を丸めてラップの上に置き、ラップを重ね、手の平で押して伸ばして楕円形(又は長方形)にする。 麺棒で伸ばしてもよい。

6:魚肉ソーセージとチーズを包む

魚肉ソーセージとチーズを包む
上のラップをはがし、(2)をのせ、敷いてあるラップを手前から持ち上げて巻きつける。

7:生地を手で伸ばして形を整える

生地を手で伸ばして形を整える
手で握って生地を伸ばし、しっかり巻き付けて整形する。

最後に、まな板の上でコロコロと転がすときれいな形になる。 チーズが生地から出ないように気をつける。

8:水をつけてパン粉をまぶす

水をつけてパン粉をまぶす
(7)を水にくぐらせ、パン粉をまぶしつける。

9:油で揚げる

油で揚げる
フライパンに高さ2~3cmほど油を入れて熱し、(8)を入れ、菜箸で転がしながら4分ほど揚げる。

10:トマトケチャップとマスタードをかける

トマトケチャップとマスタードをかける
揚げ上がったら油を切り、トマトケチャップとマスタードを、お好みに合わせてかける。

応用レシピ:パン粉の代わりにポテト

11:ポテトハットグ

ポテトハットグ
じゃがいもを小さい角切りにし、水にさらして水を切る。レンジで七分通り火を通し、パン粉代わりにくっつけて油で揚げる。

ガイドのワンポイントアドバイス

箸(串)がついているので、普通の揚げ鍋だと小さくて入らないかもしれません。そんな時はフライパンがいいです。油はホットグの厚みの半分ぐらいあればいいです。高温の油で揚げ始めると、中に火が通る前に表面が焦げてしまいますので、そこに気をつけて菜箸で転がしながら満遍なく火を通してください。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※衛生面および保存状態に起因して食中毒や体調不良を引き起こす場合があります。必ず清潔な状態で、正しい方法で行い、なるべく早めにお召し上がりください。また、持ち運びの際は保存方法に注意してください。