失敗続きのダイエッターさんにオススメ!ストレッチエクサ 

ダイエットにはコツが必要? ストレッチでも十分体重減可能です。ぜひ、効率よく動いてダイエットを成功させてみてください

ダイエットにはコツが必要? ストレッチでも十分体重減可能です。ぜひ、効率よく動いてダイエットを成功させてみてください!


ダイエットが上手くいかない、というあなた。「厳しい食事制限」や「激しい運動」が必要だと考えすぎていませんか?

続けられない無理なダイエットは、効果が出る前に諦めてしまったり、結果が出ても結局リバウンドしてしまったりして、良い結果にはつながりません。

そこで今回は、誰でもトライできる簡単なストレッチエクササイズで、ダイエットするコツを紹介します。「今ままで何をしても成功しなかったのに、ストレッチくらいで効果出るの?」と思っている方は次に挙げる3つのコツをご覧ください!


1.朝食前に軽い運動をすると燃焼ボディに!
食事誘発性熱産生(DIT:Diet Induced Thermogenesis)を上げるには、食事の前に軽く運動するのが効果的。このDITとは、食事の時に吸収された栄養素が分解されると一部が体熱になる消費エネルギーをいいます。つまり、食事前に運動をすると、交感神経を優位にし、燃焼される脂肪の量が増えるという訳です。

2.もともと代謝率が高い夕方~夜に実践!
1日のうちで一番代謝率が上がるのが、14~17時と言われています。夕方は無理という方は、夜でもOKです。

3.キツイ運動より、「軽い運動」が成功のカギ!
一般的にエクササイズは、筋肉痛になるくらいキツくないと効果がない、と思われがちです。しかし負担をかけると、活性酸素が発生し、体はどんどん酸化し、体の老化が進みます。実は、激しい運動は健康のためには逆効果なのです。「ちょっときついかも」というのが、適度な運動になります。じんわり汗が出る程度の気持ちのいいストレッチを習慣にしてみてください。

以上を踏まえ、より効果的なダイエットストレッチも紹介していきましょう。

 

メタボリズムアップ・ストレッチで美脚になる!

このストレッチは、股関節のストレッチと下半身の筋力を刺激して、冷え・むくみを解消します。特にふくらはぎを刺激して、ミルキングアクションをアップさせるので、むくみ知らずの美脚効果も期待できます。

※メタボリズム(metabolism:新陳代謝、代謝の意味)
ミルキングアクション(下半身に溜まりやすい老廃物や水分などを心臓に戻す機能)

■効果:疲労・むくみ・冷え改善、体幹力アップ、姿勢の改善

■実践期間:1日1分×週3回×3週間でボディラインに変化が生じてきます。

■やり方:
1.脚を大きく開き、両手を肩の高さで伸ばす
メタボアップストレッチ美脚1undefined両足を肩幅より大きく開き、両手を肩の高さにのばします

メタボリズムアップストレッチ美脚1 両脚を肩幅より大きく開き、両手を肩の高さに伸ばします


両手を肩の高さに伸ばし、手首の真下に足首がくるくらいまで、大きく脚を開いたら、つま先を斜めに向けましょう。息を吐きながら、お腹を内側に引き寄せてドローイングします。

2.両手を前に伸ばす
メタボアップストレッチ美脚2undefined両手を前にのばします

メタボアップストレッチ美脚2 両手を前に伸ばします


ドローイングしたまま、両手を前に伸ばします。


3.息を吐きながら、ゆっくり腰を下げる
メタボアップストレッチ美脚3undefined膝を深く曲げ腰を下ろします

メタボアップストレッチ美脚3 膝を深く曲げ腰を下ろします

息を吐きながら、膝を深く曲げ、ゆっくりと腰を下げていきます。この時、膝が内側に閉じないように、また膝がつま先よりも前に出過ぎないように注意して土台を安定させましょう。

4.そのまま、かかとを上げ下げ
メタボアップストレッチ美脚4undefinedかかとを上げます

メタボアップストレッチ美脚4 かかとを上げます


膝を深く曲げたまま、かかとを上げ下げして負荷をかけます。この動作を8回×1セット繰り返しましょう。慣れてきたらセット数を増やしてください。

 

メタボリズムアップ・ストレッチでウエストシェイプ!

このストレッチエクササイズは、ヒップから脇腹を気持ちよくほぐします。座り姿勢が長い、猫背姿勢だと脇腹が縮みむくみも生じます。くびれたウエストを作るには、むくみを解消することがポイントです。

■効果:むくみ・冷え・腰痛改善、ウエスト・ヒップラインの引き締め

■実践期間:1日1分×週3回×3週間でボディラインに変化が生じてきます。

■やり方:
1.
メタボアップストレッチウェスト引き締め1undefined両足を肩幅よりも大きく開き、両手を肩の高さにのばします

メタボアップストレッチウエスト引き締め1 両足を肩幅よりも大きく開き、両手を肩の高さに伸ばします

両手を肩の高さに伸ばし、手首の真下に足首がくるように脚を開きます。つま先を斜めに向けましょう。吐く息とともにお腹を腰に引き寄せドローイングします。

2.両手を床につけ体の裏側をゆっくりストレッチ
メタボアップストレッチウェスト引き締め2undefined両手を床につけて、体の裏側をのばします

メタボアップストレッチウエスト引き締め2 両手を床につけて、体の裏側を伸ばします

両手を床につけ、体の裏側全体をゆっくりストレッチしていきましょう。膝が伸ばせないという人は、脚の開き具合を調整してください。かかとよりもお尻がうしろに出過ぎないように注意してください。
3.両手を右側へと移動させ、左脚裏から脇腹、脇の下をストレッチ
メタボアップストレッチウェスト引き締め3undefined両指先を右側に移動させて、左臀部から脇腹をのばします

メタボアップストレッチウエスト引き締め3 両指先を右側に移動させて、左臀部から脇腹を伸ばします

そのまま両手を右側へと移動させ、両指先を右側に移動させて、左臀部から脇腹を伸ばし、左脚裏から脇腹、脇の下をストレッチします。
4.反対側も同様に動作する
メタボアップストレッチウェスト引き締め4undefined両指先を左側に移動させて、右臀部から脇腹をのばします

メタボアップストレッチウエスト引き締め4 両指先を左側に移動させて、右臀部から脇腹を伸ばします

両指先を左側に移動させて、右臀部から脇腹を伸ばします。
 

メタボリズムアップ・ストレッチで下半身引き締め!

このストレッチエクササイズは、股関節周辺をほぐし下半身の疲れを解消します。また鼠径部(脚の付け根)をほぐすため、下半身の老廃物も排出しやすくなるので、むくみからくる、冷えや下半身太りに悩む方にもおすすめです。

■効果:股関節周辺をほぐして可動域を広げる、むくみ・冷え改善、姿勢の改善効果

■実践期間:1日1分×週3回×3週間でボディラインに変化が生じてきます。

■やり方:
1.肩幅よりも広くを開き、両手を床につく
メタボアップストレッチ下半身引き締め1undefined足を大きく開き、両手を床につけて体の裏側をのばします

メタボアップストレッチ下半身引き締め1 脚を大きく開き、両手を床につけて体の裏側を伸ばします

肩幅よりも広く脚を開き、両手を床につけ、つま先を斜めに向けましょう。息を吐きながら、お腹を内側に引き寄せてドローイングします。そのまま両手を床につけます。

2.右膝を大きく曲げて、左脚を伸ばす
メタボアップストレッチ下半身引き締め2undefined右膝を大きく曲げて、左脚つけねをのばします

メタボアップストレッチ下半身引き締め2 右膝を大きく曲げて、左脚の付け根を伸ばします

右膝を大きく曲げて、左脚の付け根を伸ばします。この時、左膝が伸びるまで右膝を深く曲げて、臀部から太腿裏(ハムストリングス)をストレッチします。

3.反対側も同様に動作を繰り返し
メタボアップストレッチ下半身引き締め3undefined左膝を曲げて右脚つけねをのばします

メタボアップストレッチ下半身引き締め3 左膝を曲げて右脚付け根を伸ばします

2~3を8回繰り返して、ゆっくり股関節周辺をほぐします。

4.さらに右膝を深く曲げ、右かかとを床から離し、鼠径部をストレッチ
メタボアップストレッチ下半身引き締め4undefined右膝を深く曲げて踵を床から離し、両脚つけね、左太腿をのばします

メタボアップストレッチ下半身引き締め4 右膝を深く曲げてかかとを床から離し、両脚付け根、左太腿を伸ばします

右膝を深く曲げてかかとを床から離し、両脚の付け根や左太腿を伸ばします。そのまま10呼吸ほど繰り返し、太もも内側の内転筋もほぐしましょう。

5.反対側も同様に動作する
メタボアップストレッチ下半身引き締め4undefined左膝を深く曲げて踵を床から離し、両脚つけね、右太腿をのばします

メタボアップストレッチ下半身引き締め4 左膝を深く曲げてかかとを床から離し、両脚付け根、右太腿を伸ばします

左膝を深く曲げてかかとを床から離し、両脚の付け根や右太腿を伸ばします。

以上、ダイエットに役立つ、3つのメタボリックアップ・ストレッチを紹介しました。下半身の大きな筋肉群をほぐし、刺激することで体温アップ&代謝アップを目指しましょう。動きはシンプルですが、じんわり汗がにじんできたはず。ぜひ、深い呼吸とともに、ゆっくりじっくり動作してください。

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※ダイエットは個人の体質、また、誤った方法による実践に起因して体調不良を引き起こす場合があります。実践の際には、必ず自身の体質及び健康状態を十分に考慮したうえで、正しい方法でおこなってください。また、全ての方への有効性を保証するものではありません。