気分のムラはストレッチで解消!
イライラ女子から愛され女子になるための3つの心がけ

気分の浮き沈みは誰でもあること! そんな時こそストレッチ体や心をほぐして気持ち上げていこう!

気分の浮き沈みは誰でもあること! そんな時こそストレッチ体や心をほぐして気持ち上げていこう!

気温差が激しくなる今の時期は、体に疲れが溜まりやすいだけでなく、気持ちの浮き沈みも起きがちです。本来ならば新しい環境にも慣れ、5月病もクリアしたはずなのに、なぜか心身ともにスランプにどっぷりと浸かってはいませんか?

理由は、気温差による体力低下、季節外れの台風などによる気圧の変化、緊張していた気持ちが一段落する時など。このようにスランプ因子が溢れる時期なのです。しかも、女性は感情豊かな人が多いので、気持ちも環境や健康状態に引っ張られやすく、気分のムラが激しくなる人も多いようです。

さてこのような状況からいち早く抜け出るための心がけとして下記の3つをオススメします。特別なことは言っていませんが、もう一度普段の生活を見直し実践してみて下さい。
  • 深い呼吸と運動による血行促進
  • 良質な睡眠
  • 栄養価の高い食事
では今回は、朝、夜それぞれの疲れを解消し、気持ちを前向きにさせるストレッチをご紹介します。

ストレッチをご紹介する前に、実践する際の注意点です。
・決して無理をせず、伸ばして気持ちのいい範囲で、じっくりと動作しましょう。
・伸ばす時には、息をゆっくりと吐くようにしましょう。
・伸ばした際に鋭い痛みを感じる方向はキープ時間を短めにしましょう。
・伸ばしている部位に意識を向けるように、自分の体に集中しましょう。

朝の3分ストレッチで朝からポジティブ美人になろう!

このストレッチは、寝起きの悪い人、寝ても疲れが取れない、むくみが気になる人にオススメです。深い呼吸にゆっくりと体を動かしながら、寝ている間に硬くなってしまった腰、肩、首周りを気持ちよくほぐします。ストレッチで血液循環が促されれば、むくみを改善して目元はパッチリ、肌の血色もよくなりチークいらずの朝から美人の出来上がりです!どんなにゆっくり動いても3分あれば十分!しかもベットの上でも出来るので、ぜひ毎朝の習慣にしてみてはいかがでしょうか。

動作1

動作1

1.楽な姿勢で座り、両手を胸の前で組みます。


 
動作2

動作2

2.組んだ手のひらを天井方向に向け、腕を伸ばします。手のひらを上に押し上げ、体を大きく左右に揺すりながら、脇腹、脇の下を伸ばします。この時、耳の横に二の腕が来るように、顎を軽く引き腰が反りすぎないように注意しましょう。



 

 

動作3

動作3

3.ゆっくりと息を吐きながら、両腕を肩の高さに下ろし、目線も床に下ろし、尾てい骨から腰、背中をゆっくりと伸ばします。さらに手の甲を前に向け直し、手の甲を前に押し出しながら、体を大きく左右にゆすりながら、手の甲から腕の外側をゆっくりと伸ばしましょう。


 

 

動作4

動作4

4.息を吸いながら、両手のひらを天井方向に押し上げ、体側を一度伸ばします。



 

 
動作5

動作5

5.ゆっくりと息を吐きながら両手を腰の辺りに下ろし、両手を組みます。



 

 
動作6

動作6

6.息を吸いながら、目線を天井に向け、息を吐きながら組んでいる手を後ろに押し出し胸を開きます。この時、手のひらが離れないように注意しましょう。呼吸に合わせながら、気持ちよく胸を開きます。




 

次のページは、夜にオススメのストレッチのご紹介です