生おからでしっとりヘルシー!チョコマフィン

所要時間:45分

カテゴリー:スイーツマフィン

 

生おからでしっとり感アップ! ヘルシーチョコマフィン

焼き菓子に生おからを入れたら、ボソボソとした仕上がりになってしまったことはありませんか? 生おからは、豆乳を作るときの大豆の絞りかすなので、水分と栄養がたっぷり! ぜひとも賢くおいしく摂りいれたいものですね。

そこで今回はしっとりとしたチョコマフィンを作ってみましょう。まず、生おからと粉類は半々くらいに。生おからたっぷり感を味わえます。

次に、ベーキングパウダーと重曹はダブル使いに。このおかげで生おから入りの生地でもマフィンがほどよく膨らみ、冷めた後もおいしさが持続します。酸性のものと合わせると炭酸ガスを発生する重曹の性質を利用しているのですが、重曹だけだと後味に苦みが出てしまうので、ベーキングパウダーも使っています。

焼きたては表面がカリカリ、冷めるとしっとりに。お好みでデコレーションしても◎。冷めたらラップして冷蔵庫へに入れて2日以内に食べてください。


生おからのチョコマフィンの材料(Mサイズの紙マフィン型5-6個分

生おからのチョコマフィン
おから 100g
薄力粉 70g
ココアパウダー 15g
きび砂糖 60g
L玉1個
サラダ油 大さじ4
ベーキングパウダー 小さじ1/2
重曹 小さじ1/4
レモン汁 小さじ1
ひとつまみ
デコレーション
チョコレート 1~2枚
アラザン 適宜
粉砂糖 適宜
ドライフルーツ 適宜
甘さ控えめなので甘くしたい場合は、きび砂糖を80gにしてください。

生おからのチョコマフィンの作り方・手順

生おからのしっとりチョコマフィン

1:おからと薄力粉の量

おからと薄力粉の量
レシピで使う生おからと粉類は半々くらいになります。

2:卵を割りほぐす

卵を割りほぐす
ボウルに卵を割りほぐし、きび砂糖を加えたら泡だて器でよく混ぜ合わせたら、サラダ油とレモン汁を加え、その都度よく混ぜ合わせます。

3:生おからを加えて混ぜる

生おからを加えて混ぜる
生おからと塩を加えます。生おからが固まっているので、ダマがなくなるまで泡だて器でよく混ぜ合わせます。

4:粉類を加える

粉類を加える
粉類(薄力粉・ココアパウダー・ベーキングパウダー・重曹)を振りいれ、ゴムベラで粉っぽさがなくなるまでよく混ぜ合わせます。

5:焼く

焼く
紙マフィン型に生地を5等分にして入れたら、190度のオーブンで25~30分焼きます。竹串を刺して、ベタベタしたものがついていなければできあがりです。

6:デコレーションする場合

デコレーションする場合
マフィンが冷めたらデコレーションしても◎。

小さなボウルに入れた刻んだチョコレートを50℃の湯煎で溶かし、マフィンの上部に塗ります。その上にアラザン、粉砂糖、ドライフルーツなどを飾りつけます。チョコレートが固まったらできあがりです。

ガイドのワンポイントアドバイス

生おからは、足が早いので食べる日か前日に購入することをおすすめします。冷凍する場合は、600Wの電子レンジで1分温めて、水分を飛ばし、冷ましてから冷凍すると、風味が落ちずおいしく保存できますよ。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※衛生面および保存状態に起因して食中毒や体調不良を引き起こす場合があります。必ず清潔な状態で、正しい方法で行い、なるべく早めにお召し上がりください。また、持ち運びの際は保存方法に注意してください。