サバ缶で簡単一人鍋!サバ味噌豆乳鍋

所要時間:10分

カテゴリー:汁物・スープ・鍋

 

時短&簡単。サバ味噌缶で旨みたっぷり一人鍋

寒い季節に嬉しい鍋料理。簡単&時短で美味しいのが魅力です。ただ1人分となると、使う食材の量が少ない分旨みも減って、物足りない……、なんていうことも。

そんなときにおすすめなのが缶詰です。すでにそのまま食べられるものなので、下処理不要で、煮込みも短時間でOK。魚の缶詰は、具はもちろん、汁にも旨みがたっぷり。丸ごと使うことで、食べごたえのある1人鍋があっという間に完成です。

今回はサバ味噌缶に豆乳を加えた、味噌豆乳鍋を紹介します。味噌と豆乳の相性は抜群。コクとまろやかさの合わさった美味しさをぜひ味わってみてください。

サバ味噌豆乳鍋の材料(1人分

サバ味噌豆乳鍋の材料
さば 1缶(サバ味噌缶・150g)
もやし 1/2袋(100g)
にら 3本
豆腐 1/2丁
キムチ 30g
豆乳 200ml
鶏ガラスープの素 小さじ2
今回のサバ味噌缶は、バリューラインの「さば味噌煮」を使用しました。缶詰によって分量や味つけが異なります。味噌や塩を使って、お好みで味を調整してください。

サバ味噌豆乳鍋の作り方・手順

サバ味噌豆乳鍋の作り方

1:鍋の下ごしらえをする

鍋の下ごしらえをする
豆腐は縦半分に切ってから1cm程度の厚さに切り、ニラは3~4cmの長さに切ります。

土鍋にサバ味噌缶の汁と豆乳、鶏ガラスープの素を入れて、さっと混ぜてから、もやし、豆腐、キムチ、サバ味噌缶の具、ニラを入れます。

2:煮る

煮る
土鍋を火にかけ、沸騰したら、1~2分煮ます。もやしがしんなりとしたら、できあがり。


 

ガイドのワンポイントアドバイス

白菜やキノコなど、お好みの食材で作ることができます。残った出汁で雑炊やうどんで〆を作るのもおすすめです。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※衛生面および保存状態に起因して食中毒や体調不良を引き起こす場合があります。必ず清潔な状態で、正しい方法で行い、なるべく早めにお召し上がりください。また、持ち運びの際は保存方法に注意してください。