1分で太もも引き締め!白湯ダイエットと合わせて

白湯を飲んでから簡単トレーニングを!

白湯を飲んでから簡単トレーニングを!


寒い時期は、運動するのが億劫になりがちです。そこで、まずは体を温めるためにゆっくりとお湯を飲む「白湯ダイエット」とおうちトレーニングを組み合わせてみてはいかがでしょうか。

白湯を飲むことは世界最古の健康法ともいわれ、すべての東洋医学の基礎となっているアーユルヴェーダでも、「白湯は消化力を上げ、毒素を溶かす最高の飲み物」として、既に5000年も前から紹介されているのです。

やり方はとっても簡単! 沸騰させたお湯をカップ4杯程度、30分ごとに少しずつ飲みます。ただし、5杯以上は逆に体がむくむ場合があるので、飲みすぎには注意してください。お湯をゆっくりと飲むことで、自然と体が温められます。代謝が上がると同時に、消化機能も正常になり、健康維持にも役立ちます。「お湯を飲むだけなのに本当?」と思ったら、まずは実践して確かめてみてください。

もし、人よりも体が温まりにくいと感じる人は、生姜をちょっと入れてみるのがオススメです。

 

白湯と合わせてやりたい! 寝たままエクサで太もも引き締め

白湯を飲んで体が温まったら、簡単なエクササイズを組み合わせるのがおすすめです。この順番で体を動かすと、激しい運動をしなくても冬の寒い時期でも意外なほど汗が噴き出してきます。

■効果:太もも引き締め・体幹強化・脚のむくみ・冷え改善

■実践期間:1日1分×週4回×3週間でボディラインに変化が生じてきます。

■やり方
1.仰向けのまま、手を頭の先に伸ばし、両ひざは90度
白湯プラス太ももエクササイズ1undefined床に仰向けになり、両足を床から引きあげひざをつける

白湯プラス太ももエクササイズ1 床に仰向けになり、両足を床から引き上げ、両ひざはつける


床に仰向けになり、両手を頭の先に伸ばし、ひざが90度曲がる位置まで両足を床から引き上げます。この時、腰はS字のカーブを描きますが、浮き過ぎないように注意。吐く息とともにお腹で腰を床に沈めるイメージで体幹を安定させましょう。

2.息を吐きながら、左足を床ギリギリまで下げる
白湯プラス太ももエクササイズ2undefined左足を床ギリギリまでおろす

白湯プラス太ももエクササイズ2 左足を床ギリギリまで下げる


5カウントを目安に息を吐きながら、左足を床ギリギリまで下げます。このとき、右足が下がらないように注意しましょう。

3.吸う息とともに左足を元の位置に戻し、吐く息で右足を床ギリギリまで下げる
白湯プラス太ももエクササイズ3undefined右足を床ギリギリまでおろす

白湯プラス太ももエクササイズ3 右足を床ギリギリまで下げる



反動を使わず、丁寧に左右ゆっくり各8回ずつを目安に動作を繰り返しましょう。慣れてきたら2セットを目安にチャレンジしてください。

腰が痛い場合は、腰が浮きすぎていないか確認してください。ドローイング(お腹と腰を引き寄せる)がうまくできないと腰を痛める可能性があります。クッションなどを腰の下に敷くなどして工夫し、無理なくおこなってください。

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※ダイエットは個人の体質、また、誤った方法による実践に起因して体調不良を引き起こす場合があります。実践の際には、必ず自身の体質及び健康状態を十分に考慮したうえで、正しい方法でおこなってください。また、全ての方への有効性を保証するものではありません。