柚子胡椒がピリリ!生の春菊とささみの塩昆布サラダ

所要時間:10分

カテゴリー:サブのおかずサラダ

 

生の春菊がモリモリ食べられる、簡単サラダレシピ

春菊というと鍋料理に入れて、煮て食べる印象が強く、「あの味が苦手……」という人も少なくありません。でも、実は、生のまま食べると、春菊独特のえぐみや苦みが軽減して食べやすくなり、ほどよい香りが美味しさにつながります。意外かもしれませんが、ぜひ一度試してみていただきたい食べ方です。

春菊に合わせて蒸した鶏ささみでボリュームアップ。旨みたっぷりの塩昆布を使って、手軽に味を調えます。さらに隠し味には柚子胡椒。ピリリとした辛さと爽やかな香りが春菊の美味しさをさらに引き立ててくれる一品です。

春菊とささみの塩昆布サラダの材料(2人分

春菊とささみの塩昆布サラダの材料
春菊 1/2袋(80g)
昆布 (塩昆布)3g
オリーブオイル 大さじ1/2
柚子胡椒 小さじ1/2
蒸しささみの材料
鶏ささみ 1本(80g)
小さじ2
ひとつまみ

春菊とささみの塩昆布サラダの作り方・手順

春菊とささみの塩昆布サラダの作り方

1:鶏ささみを蒸す

鶏ささみを蒸す
耐熱容器に入れた鶏ささみに酒と塩を振って、 ふんわりとラップをかけて、電子レンジで1分30秒~2分加熱します。粗熱が取れたら、手で細かくほぐします。 火が通ってないところがあれば、20秒ずつ追加してください。

2:春菊の葉をつむ

春菊の葉をつむ
春菊は葉の部分をつみ、ボウルに入れます。 茎は固くなければ、食べやすい大きさに切ってから、葉とともに食べてもOKです。

3:和える

和える
春菊とささみ、塩昆布、オリーブオイル、柚子胡椒をよく和えたら、できあがり。 柚子胡椒は、先にオリーブオイルと混ぜてから和えると固まりません。

ガイドのワンポイントアドバイス

春菊から水分が出てきてしまうので、和えるのは食べる直前にしましょう。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※衛生面および保存状態に起因して食中毒や体調不良を引き起こす場合があります。必ず清潔な状態で、正しい方法で行い、なるべく早めにお召し上がりください。また、持ち運びの際は保存方法に注意してください。