まるで腰のえくぼ!後姿を引き立たせる「ヴィーナスのえくぼ」とは?

ヴィーナスのえくぼを作る体幹筋トレ!腰にできる2つのくぼみ

日本人でも作れる!腰にできる2つのくぼみ「ヴィーナスえくぼ」はグラマラスボディのサイン?

みなさんは、「ヴィーナスえくぼ」という言葉をご存知ですか? 腰のあたりにできる筋肉のくぼみで、天使のえくぼ、腰えくぼなどとも呼ばれ、グラマラスな後姿の象徴として注目されています。海外セレブの間では、英語の「Venus Dimples」と呼ばれていて、日本だけでなく世界中の女性たちの憧れとなっています。

このヴィーナスえくぼの視覚効果により、ウエストがギュッと引き締まり、ヒップのふくらみが引き立つというメリットが期待でき、バックシャンを目指す美意識の高い女性の間でも注目が高まっています。

もちろん、日本人でもヴィーナスえくぼを作ることは可能です。腰と背筋を始めとした体幹の筋肉と骨盤周りを鍛えることで、ワークアウトのたまものである憧れの「ヴィーナスえくぼ」を作ることができます。
   

ヴィーナスのえくぼを最短で作る!「オルタネイト・ボディアーチ」

ヴィーナスえくぼを作っていくには、腰回りからヒップにかけての筋肉を全体的に鍛え、引き締めていくことが近道だと言えるでしょう。

「オルタネイト・ボディアーチ」の一連の動きは、筋トレ効果もさることながら、基礎代謝をアップする効果も見込めるため、脂肪が燃焼しやすい体に導いていくれます。ちょっとキツいかもしれませんが、その分、筋トレ効果は抜群です。

1.うつ伏せの状態で両手を頭上に伸ばします。
1

「オルタネイト・ボディアーチ」STEP1

2.ゆっくりと上体と両脚を床から持ち上げ、両ひじを直角に開き、両脚を肩幅に開きます。ヒップ・背筋・骨盤周りに負荷がかかった状態になります。
2

「オルタネイト・ボディアーチ」STEP2

3.次に両手を頭の先に伸ばして合掌し、同時に両かかとを付けて両脚を閉じます。ヒップ・背筋・骨盤周りに負荷がかかった状態が続きますので、筋力に自信のない方は両手を前に伸ばすだけでも構いません。
3

「オルタネイト・ボディアーチ」STEP3

4.もう一度、両ひじ・両脚を開き、STEP2の体勢へ戻す動きを繰り返します。だんだんとキツくなってくるかもしれませんが、自然な呼吸を意識しながら動作を続けましょう。
4

「オルタネイト・ボディアーチ」STEP4

5.両手・両脚を閉じてSTEP3の体勢へ。この動作を繰り返します。動作中は、お腹から手脚が伸びるイメージで、目線は斜め前に。首の後ろを伸ばしておこないましょう。
5

「オルタネイト・ボディアーチ」STEP5

6.4回~6回繰り返したら、ゆっくりとうつ伏せの状態に戻りましょう。
6

「オルタネイト・ボディアーチ」STEP6

 

体幹筋トレ「オルタネイト・ボディアーチ」を動画でチェック!


【ポイント】
・4回~6回 / 1セット。1日1セットから始め、慣れてきたらセット数を増やす。
・腰を反りすぎないように注意し、脚の力、腕の力だけで動作するのではなく、お腹から手足が伸びるようなイメージで全身で動作する。
・キツいと感じたら、手を合わせずに前方に伸ばすだけでもよい。

まずは2週間、がんばって続けてみましょう。

トレーニングがある程度定着してきたら、お風呂上りに後姿を念入りに鏡でチェックする時間を持ってみてください。トレーニングの成果を発見すると、体を鍛えるのがグンと楽しくなると思いますよ。


撮影 /泉 三郎 取材 /北川 和子


【関連記事】



【編集部からのお知らせ】
All Aboutで家計に関するアンケートを実施中です!(抽選でAmazonギフト券1000円分を3名様にプレゼント)
アンケートはコチラのリンクから回答をお願いいたします(回答期限は2020年9月29日まで)

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※ダイエットは個人の体質、また、誤った方法による実践に起因して体調不良を引き起こす場合があります。実践の際には、必ず自身の体質及び健康状態を十分に考慮したうえで、正しい方法でおこなってください。また、全ての方への有効性を保証するものではありません。