老若男女に好感度が高い、育ちが良さそうに見える服装のポイント

育ちが良さそうに見える服装とは?

育ちが良さそうに見える服装とは?

人と会ったときに一番に目に入るのが服装。同じ人でもファッションによってまるで正反対の性格に見えてしまうという実験結果も。

キャビンアテンダント時代は制服があるにも関わらず、通勤時の服装が規定で決まっていたほど、服装はその人や職業への印象を大きく左右するものなのです。

今回は老若男女問わず好感度の高い、育ちが良く見えるお嬢様ファッションを分析。育ちを良く見せる服装の心得をはじめ、アイテム、色選びのポイントや注意点などをご紹介いたします。

 

定番のアイテムを選ぶ余裕が品に

定番アイテムに育ちの良さが見え隠れ

定番アイテムに育ちの良さが見え隠れ

「育ちを良く見せる服装」最大のポイントは人に不快感を与えないこと。新人キャビンアテンダント時代、制服の着こなしやメイクについてのレッスンで、「おしゃれは自分のため、身だしなみは人のため」と習いました。そのため、制服も髪型もメイクも「自分がきれいに見えるか」よりも「お客様が見て気持ち良い清潔感と明るさ」が大事。少なくとも不快感を感じさせないことが絶対ルールでした。

自分をきれいに見せることよりも、相手の気持ちを優先して選ぶと、おのずと品のあるファッションに近づきます。選ぶアイテムもトレンド物よりシンプルなワンピースやアンサンブルに膝丈スカートといったような定番のアイテムが重宝します。

「おしゃれ」と印象に残るということは、その分「奇抜だな」「流行を追っている」などマイナスのイメージを持つ人もいるということ。「おしゃれに思われたい」とか「印象に残りたい」という欲がなく、控えめでシンプルなアイテムを選べる余裕から、品が感じられるのです。

 

派手色、大柄はNG。色物はパステルカラーでさりげなく

デザイン同様、色もシンプルがベスト。白、黒、グレー、ネイビー、ベージュあたりが王道です。色物を取り入れたいときは原色ではなくパステルカラーにすると嫌味のない印象になります。柄物は大柄だと主張が強くなってしまうので、小さい繊細な柄にしましょう。

また、アクセサリ―も同様で大きくて主張の強いものより、華奢で繊細なものを。肌馴染の良いものを、1つか2つ少な目にするのがおすすめです。


次に「いつも上品でいるためのファッションチェックのポイント」を紹介します。