肌老化の原因「酸化」とは?

肌の酸化イメージ画像

肌の酸化が老化を招く

酸化とは、酸素が何かと結びつく働きのこと。簡単に言うと“サビる”ことをいいます。むいたリンゴが茶色くなったり、金属が錆びたりするのも酸化です。実は、これと同じことが、私たちの肌や体内でも起こっているのです。


酸化の原因は、紫外線による活性酸素の増加

肌サビと活性酸素は、密接な関係があります。本来、活性酸素は体を守ってくれる大切なもの。紫外線を浴びた肌はダメージを受けた状態なので、体は活性酸素を増やして細胞を守ろうとしてくれます。しかし皮肉にも、増えすぎた活性酸素によって皮膚細胞は酸化させられ、メラニンを増やしてしまう原因になるのです。

肌サビの原因は、紫外線だけじゃない

一度肌の酸化が起こると、連鎖反応であっという間に広がってしまうのも怖いところ。肌をサビつかせる活性酸素は、紫外線によるものだけではなく、空気の汚れ、喫煙、飲酒、ストレスなどによっても過剰に発生してしまいます。

サビないためには食べ物も大切!キーワードは「抗酸化」

食事イメージ画像

バランスの良い食事で、サビない肌と体に

では、肌も体も活性酸素を増やしすぎない生活をするにはどうしたらよいのでしょうか。活性酸素の発生を抑えて酸化を防ぐことを「抗酸化」と言います。本来、私たちの体は抗酸化作用を持っていますが、年齢とともにその力は減少してしまいます。

そこで大切なのが、抗酸化作用のある栄養素をバランスよく摂取すること。ビタミンCやE、β-カロテン、イソフラボン、カテキンなどが代表格。食生活で十分な摂取が難しい場合は、サプリメントなどを上手に活用するのも良いと思います。

ちなみに、活性酸素は脂質によっても発生しやすいので、美肌のためにも油ものは控えめを心がけましょう。

次のページでは「糖化」について解説します。