沖縄仕込みのゴーヤチャンプルー

所要時間:45分

カテゴリー:炒め物ゴーヤチャンプルー

 

暑い夏にはゴーヤーチャンプルー!

夏には沖縄料理のゴーヤチャンプルーが食べたくなりませんか。ゴーヤチャンプルーと言えばゴーヤの独特の風味が食欲をかきたててくれるので、暑い日でもごはんが進みます。これに加えて、スタミナがつく島豆腐、卵、豚肉がたっぷり入っているので栄養面でもうれしい一皿です。

今回は、沖縄に2年住んでいたガイドが試行錯誤の上行き着いたレシピをご紹介。豚バラのかたまり肉とたっぷりの野菜を使って作るレシピです。最近は、島豆腐を扱っているお店も増えてきたので、本場の味を気軽に作れるようになりました。自宅で沖縄仕込のゴーヤチャンプルーなんていかがでしょうか。

ゴーヤチャンプルーの材料(2人分

ゴーヤーチャンプルー
ゴーヤ 1本
豚バラ肉 100~150g
2個
豆腐 島豆腐 1/2丁
にんじん 5~7cm
もやし ひとつかみ
にら 1/3束
小さじ3
こしょう 少々
醤油 小さじ1
大さじ1
島豆腐が手に入らない場合は、木綿豆腐をしっかり水切りして使ってください。

ゴーヤチャンプルーの作り方・手順

ゴーヤチャンプルーを作る

1:豚バラ肉の下ごしらえをする

豚バラ肉の下ごしらえをする
豚バラ肉の全体に塩小さじ1をすりこみ、常温で30分置いておきます。

小鍋に豚バラ肉、肉がかぶるくらいの水、酒を入れて、弱火で10分ゆでて余分な油分を落とします。ゆでたら、1cmほどの薄切りにし、薄切りにしたものをさらに細切りにします。肉は中まで火を通さなくてもよいです。
前日に塩をすりこんで、冷蔵庫においておいてもよいです。

2:ゴーヤの下ごしらえをする

ゴーヤの下ごしらえをする
ゴーヤを縦半分に切り、スプーンで中の綿と種をくりぬきます。

5mm幅の薄切りにし、ボウルに入れます。塩小さじ1でもみこんで、5~10分おいて苦味抜きをします。苦味が抜けたら水で軽く洗い、水気を絞ります。

3:にんじん、にら、豆腐を切る

にんじん、にら、豆腐を切る
にんじんは皮をむいて細切りに、にらは4cm幅のざく切りに、島豆腐は2cm角に切っておきます。

4:豚バラ肉を炒める

豚バラ肉を炒める
熱したフライパンに豚バラ肉を入れ、中火で表面が色づくまで炒めます。
豚バラ肉に油分があるので油を入れていません。

5:野菜を加えて炒めます

野菜を加えて炒めます
ペーパータオルなどで余計な油分を拭き取り、ゴーヤとにんじんを加え、強火で1分炒めます。

さらに島豆腐、にら、もやしを加えて1分炒めます。

6:卵を加えて炒める

卵を加えて炒める
塩小さじ1、こしょう、醤油を加え、軽く混ぜたら、溶き卵を加えます。すぐにかき混ぜず、30秒ほどしたら2回ほど大きく混ぜて半熟に仕上げたらできあがりです。

器に盛り付けて、かつおぶしを散らしてできあがりです。

ガイドのワンポイントアドバイス

このレシピのポイントはなんと言っても豚ばら肉の下ごしらえです。塩をしっかりとすりこんで、熟成させてください。常温で30分置くだけでも、塩がなじんで極上の味に仕上がります。代わりに塊のベーコンを使ってもおいしくできますよ。ゴーヤとの相性も抜群です。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※衛生面および保存状態に起因して食中毒や体調不良を引き起こす場合があります。必ず清潔な状態で、正しい方法で行い、なるべく早めにお召し上がりください。また、持ち運びの際は保存方法に注意してください。