「断れず飲まされてしまう」という方は

image

飲まされないためには自己演出も

友人同士でまったりと飲むときは良いですが、接待や会社の飲み会などの場面では「断れなくてつい飲み過ぎてしまう」という方も多いのでは?

はっきりと断ってその場をしらけさせてしまうのも大人の対応とは言えませんよね。

「飲んでる風に見せる演出」も大切

image

二日酔いせずにお酒を楽しむ!

そんな時、キャビンアテンダントたちがよく使う技は「飲んでる風に見せる」というもの。まず、鉄則としてはグラスを空にしないこと。空のグラスを見つけると、同席してる人も店員さんも気遣いとしてお酒を注いでくださってしまいます。

しかしあまりにグラスを放置していると「全然飲んでないじゃん」と言われてしまいそうですよね。そんな時はグラスを傾けて口をつける仕草をするだけでも飲んでいるように見えるもの。

さらにお酒を注ぐ側に回って「積極的に会に参加しています」感を演出してみるのも賢い手です。


翌日に持ち越さないために!飲んだ後の対策

二日酔いを防ぐには飲む前、飲んでいる途中だけでなく、飲んだ後の対策も大切です。アルコールを早く体内から出し、翌日の不快感を防ぐためにCAたちはそれぞれ対策をとっています。

例えば、驚くほどたくさん飲みへべれけに酔っ払っているのに、翌朝何事もなかったかのように現れるチーフは、秘密兵器としてLシステイン配合のサプリメントを飲んでいました。美白効果のイメージが強いLシステインですが実は二日酔いにも効果が期待できるのです。二日酔い対策をしながら美肌ケアもできちゃうなんて、一石二鳥ですね。ちなみにそのチーフも抜けるように真っ白な肌の持ち主でした。

また、しじみ汁や白湯を飲むと二日酔いになりにくいと、せっせと飲んでいるCAもいます。「ちょっと飲みすぎちゃったかも」という日は、ぬるめの白湯でLシステイン配合のサプリメントを飲み、翌朝の朝食はしじみ汁という合わせ技を試してみてはいかがでしょうか。

いかがでしたか。お酒に飲まれてしまうのはもう卒業!二日酔い対策を万全にして、スマートに楽しくお酒を楽しんでください。


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※個人の体質、また、誤った方法による実践に起因して肌荒れや不調を引き起こす場合があります。実践の際には、必ず自身の体質及び健康状態を十分に考慮し、正しい方法で行ってください。また、全ての方への有効性を保証するものではありません。