「おブス座り」で体型を崩していませんか?

崩れた姿勢で座っていると見た目も印象も暗くなります。

崩れた姿勢で座っていると見た目も印象も暗くなります。

仕事中や、通勤中の電車、友達とのカフェタイム……ついつい猫背になったり、頬杖をついたり、無意識に「おブス座り」になっていませんか?
長時間崩れた座り方をしていると、骨盤のゆがみに発展してしまい、あなたのボディーラインを崩す大きな原因になってしまいます。それだけでなく、骨盤のゆがみが進行するとと、血行不良や冷え、便秘、生理不順など様々な体調不良を引き起こしてしまいます。 姿勢ひとつといえども侮れませんね。

あなたの「おブス座り」をチェックしてみましょう!

今この画面を見ているあなたの姿勢はどうですか?

今この画面を見ているあなたの姿勢はどうですか?

代表的な「おブス座り」は以下の通りです。
ぜひ、今の自分の座り方を見直してみましょう。 

□ 脚を組むのが基本姿勢。
□ ふと気がつくと無意識に頬杖をついている。
□ カラダをねじるように座ると楽。
□ パソコンやテレビを見ているとあごが前に出てしまう。
□ 「背中が丸まっているよ」と、猫背を指摘されることが多々ある。

思い当たる部分があるのではないでしょうか?全部当てはまってしまったあなた。大丈夫ですよ。安心してください!
今回はおブス座りを解消できる、正しく美しい座り方をご紹介。さらに、お腹痩せ効果も期待できる、イスに座りながらの骨盤エクササイズをご紹介します。


正しく美しい座り方で今日から美シルエットづくり

03

自分の座り方を見直してみましょう。

では正しい座り方を見直していきましょう。

まずは、お尻に均等に体重が乗るように意識しながら深く座り、背中を“軽く”背もたれにつけます。
あわせて以下の点にも気をつけましょう。 
  • 太ももとお腹の角度が90度になるように、椅子に深く座る。
  • 左右の肩の高さが平行になるように。(肩に力が入り過ぎないように注意。)
  • かかとを床につけて、ひざ、くるぶしをピタっとくっつける。
  • 肩甲骨を内側に引き寄せて、胸を張るように。
やってみるとカラダがピシッとする姿勢(少し曖昧な表現かもしれないですね)になりますよね。特にお仕事でパソコンを長時間使われていらっしゃる方には、ぜひ見直していただきたいと思います。
また、パソコンの位置は背もたれに軽く背中をつけた時、目線の高さにあるのがベストですよ。見上げるような位置だと頭が前に出てしまって首が痛くなったり、肩がこったり、腰が痛くなったり、なんといっても見た目が美しくありませんから。

動画で解説! 座って簡単お腹痩せエクササイズ

正しい座り方を意識できたら、今度は応用編!
動きが少しイメージしにくい方はぜひ動画もチェックしてください。

 今回のエクササイズは足元にコロコロの付いていない椅子を使用します。


04

骨盤をしっかり立てましょう。

1.椅子に深く座ります。さきほどの正しい座り方を思い出してください。

 

05

骨盤が倒れてしまわない様に頑張りましょう。

2.右のお尻に体重をかけて、左のお尻(骨盤)を持ち上げて1歩進みます。次は左のお尻に体重をかけて、右のお尻を持ち上げ1歩進みます。
これを交互に行い、椅子の上をお尻で歩きます。

 

06

しっかりお尻を持ち上げて進みましょう。

3.椅子から落ちない程度に進んだら、今度は後ろへ同じ方法で戻ります。

前後3往復、1日2回を目安に行いましょう。

 

いかがですか?普段使わない部分が使われて体がじんわりと温かくなりますよね。
「座るだけで痩せる!」というと「ほんと?」と思われると思いますが、日常的な姿勢の崩れは女性のカラダに悪影響を及ぼしてしまう、ということなんです。
初めはつい気が抜けて姿勢が崩れることもあると思いますが、大切なのは「意識する」ということ。毎日意識して座ることで少しずつ正しく美しい座り方を習得していきましょう。座っている時のシルエットがグッと美しくなりますよ!

■おすすめ記事



※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※ダイエットは個人の体質、また、誤った方法による実践に起因して体調不良を引き起こす場合があります。実践の際には、必ず自身の体質及び健康状態を十分に考慮したうえで、正しい方法でおこなってください。また、全ての方への有効性を保証するものではありません。