みんな苦手な「眉毛」!キレイに今風に描くコツは?

メイクの印象を大きく左右する眉毛。苦手な人が多いパーツ

メイクの印象を大きく左右する眉毛。苦手な人が多いパーツ

メイクの印象を大きく左右する眉毛は、苦手意識を持っている人が多いパーツ。眉毛を上手に描く最大のポイントは、グラデーションを意識すること。肌と眉毛の境目がくっきりしていると、焼のり状態になるので注意。「眉毛のアウトラインをばかす」を意識するだけで、もう眉毛で悩むことはありません!


眉毛の失敗あるある

  • 太眉のつもりが焼のり眉に……。イイ感じの太眉が分からない。
  • うまく描けなくて、左右非対称のガタガタ眉毛になってしまう。
  • 自分に似合う眉毛の形がわからず、毎日眉毛の形が定まらない。
  • 細眉ブームのときに抜きすぎて、全然生えてこない。

似合う眉毛がわかる!美眉の黄金バランス

キレイな眉毛の黄金比

キレイな眉毛の黄金比

■眉頭の位置
鼻筋と目頭の2分の1のところ(A)がスタートライン。目が離れている人は2分の1よりも内側、目が近い人は外側をスタートラインにしましょう。

■眉尻の位置
小鼻と目尻を結んだ延長線よりも内側(B)。眉尻が長いと老けて見えるので注意。

■眉毛の太さ
目尻と眉山下の距離(C)が、判定の基準になります。外国人のように彫りが深く、距離が短い人は太眉はやや不向き。反対に距離が長い人は、距離を縮めるイメージで眉毛を太くすると、目の錯覚で彫りが深く見えます。


実は間違いが多い!眉毛の描き方・基本のキ

1:眉毛の下のラインを描く
ペンシルアイブロウで、眉毛の下のラインを描きます。サッサッサとペンシルを横に動かして。
1:眉毛の下のラインを描く

1:眉毛の下のラインを描く


2:アウトラインをぼかす

1で引いたラインを上に向かってぼかします。眉頭も指でやさしくぼかします。力を入れず、表面をさするようなイメージです。
2:アウトラインをぼかす

2:アウトラインをぼかす


3:アイアシャドウを眉毛にオン!
アイブロウパウダーを使う代わりに、アイシャドウをチップで眉毛に広げます。眉毛に抜け感が出てソフトな印象に。黒髪の人はボルドー系がオススメ。茶色い髪の人は、髪と似たような色のシャドウを使うと自然に仕上がります。
3:アイアシャドウを眉毛にオン!

3:アイアシャドウを眉毛にオン!


4:基本の眉毛の完成
グラデーションが自然についた、ナチュラルな眉毛が完成。アイブロウパウダー代わりに使ったボルドーもうまくとけこみ、軽やかさが出ています。
4:基本の眉毛の完成

4:基本の眉毛の完成


今どきの正解眉!「ソフト太眉」はコレ

左:ぼかし忘れのNG太眉例undefinedundefinedundefined右:OKなソフト太眉例

左:ぼかし忘れのNG太眉   右:OKなソフト太眉

■左:ぼかし忘れのNG太眉
「ぼかす」という行為を忘れたせいで、太眉だけが目立ちすぎてしまいます。眉毛が長い人は、毛だまりをなくすために、コームでとかすことも大事。

■右:OKなソフト太眉
太さ自体はNG眉毛と変わらないのに、印象は激変! アウトラインをぼかしてグラデーションを意識することで、今どきのソフト太眉が完成。

関連記事一覧



※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※個人の体質、また、誤った方法による実践に起因して肌荒れや不調を引き起こす場合があります。実践の際には、必ず自身の体質及び健康状態を十分に考慮し、正しい方法で行ってください。また、全ての方への有効性を保証するものではありません。