見た目年齢マイナス5歳を叶えるポイントメイクテクニック


仕上がり

 

ステキに年を重ねていきたいけれど、やっぱり見た目はいつまでも若々しくいたい! そんなあなたの願いを叶える、見た目年齢マイナス5歳のポイントメイク術をお伝えします。いつもの道具でできる、簡単だけどワザありな整形レベルのテクニックが満載! ぜひあなたもトライしてみてくださいね!

1.アイホール全体にラメ入りの明るいベージュのアイシャドウを塗る

1

ラメ入りのベージュのアイシャドウをセレクト

アイホール全体に、ラメ入りの明るいベージュのアイシャドウを塗ります。こうすると、まぶたのくすみが軽減され、ラメに光が反射する事で、まぶたのハリ感がUPした様に見える効果があります。

チップで塗ったあと、指でポンポンと馴染ませると崩れにくくなります。

 

2.目のキワにブラウンのアイシャドウを塗る

ブラウンシャドウ

太く入れすぎないで!

目のキワにブラウンのアイシャドウをやや細い幅で塗り、目元をキュッと引き締めます。

太い範囲に塗ってしまうと、まぶたがくすんで見えるので、要注意です。

 

3.目のキワにアイラインを引く

アイライン

目尻は引き上げて。

2のブラウンのアイシャドウの上から、黒のリキッドアイライナーでアイラインを引きます。まつ毛とまつ毛の間を埋めるような気持ちで引いていきましょう。そうするとさらに目元が引き締まり、また黒目が強調され、目全体が大きく見える効果もあります。

年齢と共に目尻は下がってくるので、やや上方向に少し引き上げてアイラインを引きましょう。こうすると、目尻が引き上がって見え、若々しい印象になります。

目尻のラインが長いと不自然な印象になってしまいますので、目を開けて鏡を見ながら確認して、少しずつ足していくようにアイラインを引くと失敗がありません。

また、ペン先が極細のアイライナーを選ぶと簡単にキレイに引く事ができるのでおススメです。

 

4.下まぶた目尻から3分の1の範囲に、ブルーのアイシャドウを塗る

アイシャドウ

寒色のブルー系のアイシャドウをセレクト

下まぶた、目尻から3分の1の範囲にブルーのアイシャドウをアイライン程の細さで塗っていきます。寒色系は、年齢と共に少したるんだ下まぶたを引き締めて見せてくれる効果があります。

下まぶたにブラウンを入れると、逆にくすんだ印象に見えてしまいますし、またピンクやオレンジなどの暖色系は、さらにまぶたがたるんで見えてしまいます。寒色を選ぶ事が見た目年齢を若返らせる大切なポイントです。

 

5.下まぶた目頭から3分の2の範囲に明るいベージュのアイシャドウを塗る

アイシャドウ

目頭を明るくすると目元全体が明るく見える効果が!

残りの下まぶた3分の2の部分に、明るい色のベージュのアイシャドウを塗ります。

こうすると白目がクリアに見え、また目元全体がぱっと明るくなり、フレッシュで清潔感のある若々しい印象になります。

 

続いて、まつ毛と眉の描き方です>>