6.マスカラを放射線状に塗る

マスカラ

ボリュームタイプのマスカラで目を大きく!

マスカラを放射線状に塗っていきます。放射線状に塗ることで、目の周りにフレームができ、さらに目がぱっちりと大きくなります。年齢と共にまつ毛が細くなっていきますので、ボリュームタイプのマスカラがおススメです。

マスカラを塗った後は、専用のコームでしっかりとまつ毛をとかし、ダマをなくすようにしましょう。きちんととかすことで、洗練された印象の目元を演出する事ができます。

また、下まつ毛も、マスカラのブラシを縦に持ち、1本1本丁寧に塗っていきましょう。きちんとカールされ、マスカラがしっかり塗られている目元は、見た目年齢を確実に若くしてくれますよ。
 

7.眉をやや太めに、少し鋭角に描く

眉

やや太く鋭角に

眉が細く、アーチ状だと、それだけで老けた印象になってしまいます。今流行の少し太めのナチュラルな眉を描くようにしましょう。

また、眉山を作り、少し鋭角に描くと、顔全体が引き締まって見える効果があります。最初にペンシルで眉尻から描いていくと、バランスの良い形になります。
 

8.眉頭の高さを合わせる

眉

眉頭は濃く描きすぎずにナチュラルに!

7で眉尻を描いた後は、ブラシに眉パウダーをとり、中間→眉頭の順で、さっと描き足し完成させます。

眉が非対称だとお悩みの方もいらっしゃると思いますが、眉は視線の集まる両眉の眉頭の高さが合っていれば、それだけで、顔のバランスが格段に良く見えます。ですので、眉頭の高さを合わせる事に注意して描いてみてください。


また眉頭が濃いと不自然に見えてしまいますので、パウダーの量は少なめで自然に描くよう注意しましょう。
 

9.口角のラインをしっかりと描きながら、リキッドルージュを塗る

リップ

きちんと口角を描きましょう

口角がきゅっと上がっていると、それだけで、若々しい印象になります。

少し口を開けて、しっかりと口角のラインを描きながらリップを塗っていきます。チップタイプの、ツヤ感のあるリキッドルージュを選ぶと口角のラインを描くのも簡単ですし、唇がぷっくりと見え、グラマラスな流行の唇になれます。
 

次ページで、仕上がりとプロの美ワザをチェック!>>