ハロウィン仮装は「本格的な傷メイク」できまり!

今年のハロウィン仮装は「本格的な傷メイク」で、怖さを演出して盛り上がってみませんか?5分できる傷メイクの作り方をご紹介します。
HalloweenStep8

本格的な傷メイクの使用アイテム

特別な材料はバラエティショップで「血のり」だけ購入すればOK。あとは、手持ちの化粧品を使いましょう。
  • つけまつ毛用のグルー
  • しっとり系の固形ファンデーション
  • 紫と赤みのアイシャドウ
  • ティッシュ、スポンジ、綿棒
  • 血のり
Halloweenmake

傷メイクの使用アイテム


 

「本格的な傷メイクのやり方
1 傷をつけたい部分に、つけまつ毛のグルーを広めにのばす

最初に、通常のベース&アイメイクを行います。
その後、傷をつけたい場所に、つけまつ毛用のグルーを広めにのばし、綿棒で整えます。
HalloweenmakeStep1

傷の大きさにつけまつ毛のグルーを塗る

 

2 傷の形にちぎったティッシュを1枚貼りつける

通常ティッシュは2枚重ねになっているので、1枚はがして使います。
希望する傷の大きさよりも大き目にティッシュをちぎり、貼り付けた後、グルーがついていない部分のティッシュは手ではがします。そして、切り傷をつけたい所のティッシュを細長く、穴をあけます。
HalloweenStep2

ちぎったティッシュを貼りつける


次のページでは、アイシャドウを使って傷の雰囲気をだしていきます。