ハロウィン仮装は「本格的な傷メイク」できまり!

今年のハロウィン仮装は「本格的な傷メイク」で、怖さを演出して盛り上がってみませんか?5分できる傷メイクの作り方をご紹介します。
傷メイクのやり方・ポイント ハロウィン仮装

簡単傷メイク完成です
  
 

本格的な傷メイクの使用アイテム

特別な材料はバラエティショップで「血のり」だけ購入すればOK。あとは、手持ちの化粧品を使いましょう。
  • つけまつ毛用のグルー
  • しっとり系の固形ファンデーション
  • 紫と赤みのアイシャドウ
  • ティッシュ、スポンジ、綿棒
  • 血のり
Halloweenmake

傷メイクの使用アイテム

 

傷メイクのやり方1.傷をつけたい部分につけまつ毛のグルーを伸ばす

最初に、通常のベース&アイメイクを行います。
その後、傷をつけたい場所に、つけまつ毛用のグルーを広めにのばし、綿棒で整えます。
HalloweenmakeStep1

傷の大きさにつけまつ毛のグルーを塗る

 

傷メイクのやり方2.傷の形にちぎったティッシュを1枚貼りつける

通常ティッシュは2枚重ねになっているので、1枚はがして使います。
希望する傷の大きさよりも大き目にティッシュをちぎり、貼り付けた後、グルーがついていない部分のティッシュは手ではがします。そして、切り傷をつけたい所のティッシュを細長く、穴をあけます。
HalloweenStep2

ちぎったティッシュを貼りつける

 

傷メイクのやり方3.固形ファンデーションで境目をぼかす

スポンジに固形ファンデーションをつけてたたくようにし、ティッシュと肌との境目をぼかします。
ファンデーションは、コンシーラーのような、しっとりとした固形テクスチャーの物がオススメです。
HalloweenStep3

ファンデーションで肌との境をぼかします
 

傷メイクのやり方4.傷の周りに紫や赤みのあるアイシャドウをのせる

傷の周りに青あざができ、浮腫んでいるイメージを出す為、紫や赤みのある色のアイシャドウをのせていきます。
コツは色を置くようにポンポンとブラシで入れ色ムラを出すこと。
halloweenStep4

切り傷のまわりが浮腫んでいるようにアイシャドウを入れる

 

傷メイクのやり方5.ティッシュで「こより」を作って貼り付ける

切り傷部分になるティッシュ中央に空けた穴部分に、再びつけまつ毛用のグルーをつけ、ティッシュで作った「こより」を貼りつけます。
HalloweenStep5

切り傷のサイズの「こより」を貼り付ける

 

傷メイクのやり方6.血のりを「こより」の上につける

血のりは「こより」の上に少しずつつけ、しめらせていきます。一番下の部分は血が滴り落ちるようにすると、リアル感が増します。
 
HalloweenStep6

血のりを「こより」に少しずつしみこませる

 

 傷メイクのやり方7.スポンジで血のりを周りをにじませる

傷の周りなどバランスをみて、血のりをスポンジでにじませます。
HalloweenStep6

スポンジで血のりを周りににじませる

 

本格的な傷メイクの完成!

本格的な傷メイクの完成です!
赤リップを塗った上から、紫のアイシャドウを唇中央にのせてぼかしましょう。また、アイシャドウも黒など暗めの色で目の周りを囲むと、「クールなイメージ」に仕上がります。
HalloweenStep8

簡単傷メイク完成です

今年のハロウィンは、人と違った本格傷メイクで、仮装を楽しんでみませんか?

【関連記事】

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※個人の体質、また、誤った方法による実践に起因して肌荒れや不調を引き起こす場合があります。実践の際には、必ず自身の体質及び健康状態を十分に考慮し、正しい方法で行ってください。また、全ての方への有効性を保証するものではありません。