メイク ガイド 片桐 愛未

かたぎり めぐみ

メイクアップはエンタメ!癒しと活力を!!

美容室勤務を経て、フリーのヘアメイクに。1980年後半に渡英。ヘアメイクとファッションを学ぶ。帰国後、フリーランスで活動、大手化粧品会社勤務を経て、現在は新宿でメイクアップサロン×写真「スタジオ・スタジオラムズ」を展開する、株式会社ラムズビューティ代表。メイクアップセラピースクール開校。

得意分野

心理学を使って心のケアも同時にサポートするメイクアップセラピー。メイクアップで潜在美を引き出し、コーチングを取り入れセルフイメージをあげる。

ガイド担当テーマ

活動実績

執筆ガイド記事本数25

ガイドからの挨拶

ラムズビューティ代表のメイクアップセラピスト&ビューティディレクターの片桐愛未です。

メイクアップは本来自由なもの。TPOやお洋服に合わせて自由に楽しめたら素敵ですよね。
しかし、メイクセミナーにいらっしゃる多くの方から、「メイクは難しい」「自分に似合うメイクがわからない」「自己流メイクが、これでいいのか自信がない」という声を多く聞かれます。

実は、メイクアップにはこうしてはダメという「規則」はないけれど、理想のイメージに近づく「法則」があるのです。法則を知ることで「新しい自分に出逢える!」「自分の良さを引き出すことができる!」など、メイクをもっと楽しむことができるようになります。メイクをしてきれいになると、自信が持てるようになりますよね。はっきり言うと、輝くにはその「自信」なんです。自分を信じるということは「自分のすべてを受け入れて、自分のことが好き」でいること。メイクアップはその気持ちを持てるようにする「サポート」なんです。だって、メイクできれいになることが最終目的ではないですよね?あなたの目的は、メイクできれいになって、自己実現していくことですよね。
きれいになってあなたの人生の感動ドラマを創造していってください。

あなたがあなたの魅力に気づいて、そこを信じることができた瞬間からあなたの世界が動き出します!私はメイクアップを通して多くの人に「自信を持って頂けるよう」そして「あなたの魅力に気づいてもらえるように」サポートしていきたいです。

ガイドの新着記事

  • オフィスメイクではNGかも…?好感度◎なメイクテク

    オフィスメイクではNGかも…?好感度◎なメイクテク

    仕事で気合い入れようとして、メイクがケバくなっていませんか? オフィスメイクは強さではなく、自分の価値を上げるための「自分プレゼンテーション」を意識してみましょう。頑張り過ぎのNGメイクと、好感度を上げるOKメイクの差を解説していきます。

    掲載日:2018年04月13日メイク・メイクアップ
  • そのメイク似合わないかも? OKメイクとNGメイク

    そのメイク似合わないかも? OKメイクとNGメイク

    頑張って流行の赤リップ使用でバッチリのメイクをしているのに「ケバイ」印象だけの残念な人。自分の顔の印象や雰囲気を客観視できず、無理して流行にのって今っぽさを出そうとしても、違和感満載の顔になってしまいます。流行よりも、あなたの雰囲気に合ったメイクアップをする方が魅力が輝きます。

    掲載日:2018年03月27日メイク・メイクアップ