赤リップ!トレンドのはずが……ただの化粧が濃い人に

流行中の赤リップにまつわる失敗談は数知れず

流行中の赤リップにまつわる失敗談は数知れず

2018年も継続している流行中の赤リップですが、存在感の大きなアイテムの上、何年も継続中で、微妙にトレンドが変化しているので、使い方には工夫が必要です。
2018年今ドキの赤リップを上手に取り入れるポイントは、ファッションやアイメイクのトレンドに合わせて、「質感」をどう出すか!?

どのような質感というと、ツヤツヤすぎずマットすぎずの「メタリック感」が今ドキな赤リップ。

手持ちの赤いリップで、今風なメタリック感を出す、塗り方をお伝えしていきます。

赤リップの失敗あるある

  • 気合のこってり、つやつや赤リップで合コンに参加したら「ケバイ」と引かれた……
  • 若いころの母の写真とそっくりに。古臭いってことなの!?
  • 赤リップを地味顔に塗る勇気はない。とにかく違和感しかない。

盛り目は悲惨!アイメイク「濡れ感・単色」が鉄則!

アイメイクのみ変更して、印象の違いを見ていきましょう。
左:赤リップ×派手色アイメイクのNG例undefinedundefinedundefined右:赤リップ×濡れ感アイメイクのOK例

左:赤リップ×派手色アイメイクのNG例   右:赤リップ×濡れ感・単色アイメイクのOK例

■左:赤リップ×派手色アイメイクのNG例
「赤リップ」×「2018年春のトレンドピンクアイシャドウをしっかり塗り過ぎ」=「化粧濃い」の図。ふたつのパーツが主役の座を奪いあうことで、やりすぎオーラ全開に。でも、意外とこういう人、いますよね!

■右:赤リップ×濡れ感・単色アイメイクのOK例

リップは先程と同じ赤なのに、目元は単色を軽く、濡れ感重視にすると、ほんのりセクシーな今どきの赤リップメイクが完成! アイラインは入れて目元を引き締めましょう。


今どきの「赤」ってどんな色?

リップの質感を変えて、印象の違いを見ていきましょう。
左:ツヤ×濃すぎるNG赤undefinedundefinedundefined右:オススメのコーラルレッド

左:ツヤ×濃すぎるNG赤   右:ツヤ過ぎずメタリックな質感OK赤

■左:ツヤ×濃すぎるNG赤リップ
唇の色いわゆる「赤リップ」ではあるものの、赤みとツヤ感が強すぎるため、古臭い印象に。やや、お局臭も漂います。

■右:2018年にオススメは「メタリック感」
2018年に旬な赤リップは質感重視。基本的に、赤リップが似合うのは白肌さんですが、コーラルレッドならオークル肌さんもOK。ツヤ感を軽く抑えたほうが今っぽさが出ます。抑え気味にならないように、適度なツヤ感大事です。


手持ちの赤リップで作る2018年今ドキ旬顔

メタリック感を出すには、一度赤リップをしっかり塗った後に、コットンにラメ入りのパウダーを軽く含ませ、唇にON。
あとは上下の唇を合わせたり、指でなじませます。
仕上げにリップバーブを塗ると程よいツヤ感、メタリック感が出ます。

cotton

コットンにラメ入りのフェイスパウダーを軽くつけてON!



metaric

2018年赤リップのキーワードは「メタリック感」


去年買った赤リップも、工夫次第で今ドキ旬顔に!
是非お試しくださいね!





関連記事一覧



※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※個人の体質、また、誤った方法による実践に起因して肌荒れや不調を引き起こす場合があります。実践の際には、必ず自身の体質及び健康状態を十分に考慮し、正しい方法で行ってください。また、全ての方への有効性を保証するものではありません。