ナチュラルメイクをしても、具合が悪い人か厚化粧になってしまう

ナチュラルメイクのつもりが……こんなハズではなかったのに

ナチュラルメイクのつもりが……こんなハズではなかったのに

実は、「ナチュラルメイク=薄化粧」というのは勘違い。本来ナチュラルメイクとは、「自分のよさを引き出すメイク」のこと。よい部分を最大限にアピールするメイクで、自分らしいキレイを目指しましょう。

ナチュラルメイクの失敗あるある

  • ナチュラルを意識しすぎて、ほぼスッピンと変わらない
  • 色ものを排除したら「疲れてるの?」と言われた
  • どうやっても「盛りすぎメイク」になってしまう

ナチュラルメイクは美肌が命!ハイライトでパッと華やかに

くすみがちな部分は、明るくカバー

くすみがちな部分は、明るくカバー

影ができやすい部分に明るさをプラスするのが、ハイライトの役目。明るめのコンシーラーを使って、この部分を明るくすると立体感と華やかさがアップ!
クマが気になる目の下のAと、くすみがちなBに塗布します。Bに「山型」に入れると口角がきゅっと上がって見えます。

なお、コンシーラーは指で広げるとムラができ、乱反射してしまう原因にも。肌にのせた後は、スポンジでたたきこむように均一に塗布しましょう。


ナチュラルアイメイクのポイント

「自分のよさを引き出すメイク」=「ナチュラルメイク」なので、まずは自分のチャームポイントを見つけることが先決ですが、今回は一重・二重問わず挑戦しやすい瞳がきれいに見えるメイクを伝授!
まぶたに奥行きを出して瞳をキレイに!

まぶたに奥行きを出して瞳をキレイに!


1:白目をきれいに見せる
白目を強調するために、漆黒のアイライナーをまつ毛のキワに引きます。そして、黒目の上の部分(A)は太めに引きます。マスカラも、上下ともに黒目の部分は、重ね塗りをしましょう。

2:まぶたに奥行きを出す

まぶた全体(B)にベージュ系のアイシャドウを広げます。アイホールの外側のフチの部分(C)は、やや濃くのばし、アイラインを入れるような感覚で目尻よりも長めに広げます。
C部分の線は目の際、目尻にくの字にかえる。なぜなら目は球体だから。目尻のアイホールと目尻際をくの字です。


これが正解!ナチュラルメイク

色をあまり使っていないにも関わらず、ハイライト&瞳をきれいに見せるアイメイクのおかげで、清潔感のある美人に。
ハイライト&瞳をきれいに見せるアイメイクのおかげで、清潔感のある美人に

ナチュラルメイクで清潔感のある美人に


使用したコスメ

使用したコスメ

使用したコスメ

a 計算された発色や質感が、絶妙な肌感を演出。RMK カラーパフォーマンスチークスEX01 オレンジベージュ(限定)4,500円(税抜き)/RMK Division b 色と光のレイヤーで色々な表情を操れる。RMK カラーパフォーマンスアイズ 02 ブラウン4,500円(税抜き)/RMK.division c 0,02mmの極細ライナー。マジョリカ マジョルカ ジェルリキッドライナー BK999 950円(税抜き)/資生堂 d まつ毛をいたわりながら上向きカールを演出。インテグレート マツイクガールズラッシュ(おてんばカール)BK999 1,200円(税抜き・編集部調べ)/資生堂 e RMK イレジスティブル ブライトリップス EX-06 3,000円(税抜き)/RMK Division

関連記事一覧



※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※個人の体質、また、誤った方法による実践に起因して肌荒れや不調を引き起こす場合があります。実践の際には、必ず自身の体質及び健康状態を十分に考慮し、正しい方法で行ってください。また、全ての方への有効性を保証するものではありません。