赤アイシャドウが似合わない方へ! メイク方法・テクニック

赤アイシャドウが似合わない人へおすすめテクニック

赤アイシャドウが似合わない人へおすすめテクニック


派手色や赤色のアイシャドウが流行していますが、使いこなすにはコツがいります。まぶたをはれぼったく見せず、なおかつ今っぽく決めるポイントは、「さじ加減」。例えば、まぶた全体に赤をのせるのではなく、アイライン的な感覚で、さし色として使いましょう。マスカラやアイライナーで部分使いをするのもキュート!

赤アイシャドウや派手色アイカラーの失敗あるある

  • 赤シャドウを塗ると、まぶたが腫れぼったく見える
  • 原宿系の若い子しか似合わなそう
  • なんか変。みんなの視線がまぶたに集中!
  • トレンド感出したいのに、なぜか田舎モノっぽくなる

赤アイシャドウメイク成功の鍵は「控えめなさじ加減」にアリ!

左:盛りすぎNGメイクundefinedundefinedundefined右:OK赤シャドウメイク

左:盛りすぎNGメイク   右:OK赤シャドウメイク

■左:盛りすぎなNG赤シャドウメイク
赤シャドウはもちろん、チークとリップも色みが強すぎて、まるで「酔っ払いメイク」のよう。

■右:OKな控えめ赤シャドウメイク
赤いアイシャドウという目立つ色を使っているにも関わらず、悪目立ちせず自然な仕上がり。チークは入れず、リップはティント塗りで若々しさをプラスして!
 

成功する!赤アイシャドウのメイク方法

赤シャドウの入れ方MAP

赤シャドウの入れ方MAP

Bの部分に赤シャドウを塗ります。チップを立てて使い、色をしっかりのせましょう。赤シャドウをまぶた全体に広げると、はれぼったい印象になるので、アイライン的なイメージで使いましょう。
そしてアイホールの外側のラインをなぞるように、Aの部分にベージュ系シャドウで影を入れます。このひと手間で目元に奥行きが生まれ、はれぼったさとは無縁の今っぽい目元に!
 

派手色アイカラーの部分使いテクニックは初心者にもおすすめ!

部分使いなら浮かずに使える!

部分使いなら浮かずに使える!

1:目尻にチラリと赤ライナーを!
赤シャドウをのせる代わりに、赤ライナーで赤シャドウ風メイクを楽しむのもあり。まず、黒いリキッドライナーでまつ毛の隙間を埋め、目尻だけ赤いラインを引きます。伏し目にしときにチラリと見える赤がかわいい! 

2:マスカラやアイブローに足してもキュート
マスカラも赤をチョイスし、下まつ毛は目尻だけ塗布します。そして、赤シャドウをアイブロウ代わりにして、眉毛にオン。ところどころに赤を散りばめることで、使用した面積は少ないのに、赤が効いた今っぽい目元に。
 

使用した赤アイシャドウ

使用したコスメ

使用したコスメ


a 美ロングまつ毛をかなえるチェリーピンクのマスカラ。ウォータープルーフ。マジョリカ マジョルカ ラッシュエキスパンダー エッジマイスター PK400(限定) 1,200円(税抜き)/資生堂 b 濃密でつややかなラインが持続。ウォータープルーフ。マジョリカ マジョルカ ジェルリキッドライナー PK400(限定) 950円(税抜き)/資生堂 c 02 RMK カラーパフォーマンスチークス 02ナチュラルな血色をかなえるチーク。今回は一番左の色をアイシャドウとして使用。肌なじみがいいから、まぶたに塗っても自然に発色。レッドコーラル 4,500円(税抜き)/RMK Division

【関連記事】

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※個人の体質、また、誤った方法による実践に起因して肌荒れや不調を引き起こす場合があります。実践の際には、必ず自身の体質及び健康状態を十分に考慮し、正しい方法で行ってください。また、全ての方への有効性を保証するものではありません。