山田昇社長も期待する東京駅前の新店舗

conceptlabitokyo

東京・八重洲口に新店舗「Concept LABI TOKYO」

10月30日、東京駅・八重洲口前に「ヤマダ電機Concept LABI TOKYO」がオープンしました。多くのメディアで「海外客の"爆買い"に対応した店」とよく言われていますが、実は日本人である私達にとってもおもしろい店になっています。

確かに、東京駅前という立地を活かし、訪日客向けに日本のお土産、炊飯器などの人気商材を揃えています。しかし、同店はそのほかにも「東京駅周辺のオフィス街のビジネスマン、OL層」「新幹線を使って出張する人や観光客、海外への旅行者層」「周辺の百貨店などを訪れる富裕層」なども対象としています。

"価格"ではなく"情報発信"がテーマ

これまで、ヤマダ電機はどちらかといえば「価格が安い店」という印象が強い企業でした。家電量販という特性上、商品や売り場の展開だけでは、なかな差別化がしにくく、価格やポイントによる競争になりがちでした。同店は、そうした"価格による競争"から脱却し、新たな価値観を提供しようとしています。そのカギとなるのが、「ヤマダ電機Concept LABI TOKYO」が掲げる"最先端のコンセプトの発信基地"というテーマです。

 

オープンに際して開かれた記者会見の席上、同社の山田昇社長はコンセプトについて「既成概念にとらわれず、商品やサービスを新しい視点から主張したい」と解説しています。同店はイベントや体感が非常に充実しており、今までのヤマダ電機とは違う新形態の店です。

もちろん、「近隣競合の価格調査は行っており、価格交渉に応じる」とのことですが、新業態店舗で、新しい家電の情報を発信することで、"安いから買う"という層以外も取り込み、客層を広げていきたいという思いがあります。今までの家電量販とは違う新業態の店。買い手側も、使い方の視点を変えて「家電を見に遊びに行く店」「新しいサービスを利用する店」として楽しんでみてはどうでしょうか。

照明や床材などにこだわった高級な雰囲気

地下1階から10階まで11のフロア構成の店は、家電、携帯電話のほか、キティ―などのキャラクターグッズを含むお土産、市販薬、化粧品、法人向けフロアと、一般的なヤマダ電機とは違った雰囲気の店になっています。

labi_b1

訪日客に人気の"日本のお土産"をとりそろえる

labi_tokyo_tv

大型テレビやAV機器をソファに座りながら体験できる

labi_tokyo_des

海外メーカーを中心に展示する"高級デザイン家電"コーナー

各フロアはそれぞれのフロアの提案にコンセプトにあわせて「Stage」と称しています。店舗全体の特徴は大きく4つ。
  1. お土産、化粧品、家電、コーヒー豆など幅広く売っている
  2. 最先端の商品、おもしろい商品を集めている
  3. 体験コーナーやイベントが豊富
  4. 床材、照明にこだわり、店内放送も控えめで高級な雰囲気
という特徴があります。