ダヌラーサナ (弓のポーズ)

「ダヌー」とは、「弓」のこと。手は弓弦の役割をはたし、頭部、上体、足をひっぱりあげる。ちょうど張り込んだ弓の形。(ハタヨガの真髄から抜粋)

このポーズは、まさに名前通り弓なりになります。背骨の柔軟性を高め、腹部の臓器を刺激し整えます。また、動作のポイントとしては、腰から反らないことです。柔軟性の高い女性は、腰から反り始める傾向があり、腰に負担がかかります。みぞおちから頭、かかとを天井方向に押し上げてお腹、胸、喉を伸ばし、お尻や腰、背中、首の後ろはゆるやかに縮むイメージで動作してみて下さい。

■効果:股関節と背骨を柔軟にし、猫背解消にも効果あり。背筋、腹筋の強化、太ももの引き締め効果も期待出来ます。疲労、不眠、緊張感、イライラ、全身の疲れ 便秘改善
■注意する点:首、腰、背中を痛めている人は、無理のない範囲で行いましょう。
■やり方:
動作1

動作1

1. うつ伏せになり、両手は太ももの横に置きます。

 
動作2

動作2

2. 息を吐きながら膝を曲げ、両手でそれぞれの足首を外側からつかみます。ゆっくりと呼吸を繰り返し、鼠径部、お腹まわり、太もも前側を伸ばしましょう。

 
動作3

動作3

3. 息を吸いながら、両膝を伸ばすようにしながら高く持ち上げ、同時に上体を反らせながら持ち上げる。両膝が腰幅よりも広くならないように、両膝をポーズの間をキープします。


 
動作4

動作4

4. さらに息を吸いながら、強くかかとを臀部から離すようにし、吐く息でかかとで天井を押し上げるようにし、胸、肋骨を床から離しましょう。尾骨を床の方向に引き入れ、背筋を柔らかくするように意識して下さい。かかとと太腿を高く持ち上げ続けながら、肩甲骨を強く背中に引き締めて胸を開く。肩を耳から引き離して目線は、斜め前に。頭を天井に押し上げて腰の痛みがない範囲で5呼吸ほど静止しましょう。


 
いかがですか?どちらのポーズも少々ハード!と思う人もいるかもしれませんが、その効果は絶大です。是非、じっくりと実践して秋太りを解消してみて下さいね。



【編集部おすすめの購入サイト】

楽天市場でヨガ用品を見る

Amazonでヨガ用品を見る

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※ダイエットは個人の体質、また、誤った方法による実践に起因して体調不良を引き起こす場合があります。実践の際には、必ず自身の体質及び健康状態を十分に考慮したうえで、正しい方法でおこなってください。また、全ての方への有効性を保証するものではありません。