ホワイトソースいらず! 夏野菜のグラタン

所要時間:30分

カテゴリー:メインのおかずグラタン

 

畑の野菜を集めてグラタンにしました

畑で採れた夏野菜のグラタンです。ホワイトソースを作らずに、生クリームと卵黄とチーズを混ぜてソースにします。暑い日に、熱々の料理をふうふう食べるのも、意外といいものです。

夏野菜のグラタンの材料(4人分

野菜
トマト 大1コ (中なら2コ)
ズッキーニ 1本
さやいんげん 110g
じゃがいも 大1コ (中なら2コ)
パセリ 刻みパセリ 少々
ソース
卵黄 2コ
生クリーム 200cc
牛乳 50cc
ピザ用チーズ 70g
小さじ1/4~1/3
ホワイトペッパー 少々
ナツメグ 少々
野菜の調味料
バター 20g
少々
こしょう 少々
野菜は同じでなくてもかまいません。南瓜やきゅうり、さつま芋、ブロッコリー、アスパラ、ナス等もおいしいです。

夏野菜のグラタンの作り方・手順

夏野菜のグラタンを作る

1:野菜を切り、じゃがいもといんげんを下茹でする

野菜を切り、じゃがいもといんげんを下茹でする
ズッキーニ、トマト、じゃがいもは7~10mm厚の輪切りにする。さやいんげんはヘタを取って半分に切る。鍋に湯を沸かしてじゃがいもを茹で、柔らかくなったら網じゃくしですくってザルに取る。残った湯に分量外の塩を少々入れてさやいんげんを茹で、ザルに取る。
古いじゃがいもの場合は皮をむく。じゃがいもとトマトは大きければ半分に切る

2:フライパンでズッキーニを焼いて塩コショウ

フライパンでズッキーニを焼いて塩コショウ
フライパンにバターを1/3量溶かし、ズッキーニを並べて両面を焼き、塩コショウしてグラタン容器に入れる。
バターが足りないようであれば、オリーブオイルを少々注ぎ入れて焼く

3:トマトを焼いて塩コショウ

トマトを焼いて塩コショウ
バターを1/3量足し、トマトを並べて両面を焼き、塩コショウしてグラタン容器のズッキーニの隣に並べて入れる。

4:同様にじゃがいもを焼き、いんげんを炒める

同様にじゃがいもを焼き、いんげんを炒める
残りのバターを足し、茹でたじゃがいもを並べて焼き、塩コショウしてグラタン容器に入れ、最後にさやいんげんを入れて、フライパンに付着しているバターをからめる感じで炒め、塩コショウして容器に並べ入れる。

5:ととのえる

ととのえる
野菜を綺麗にととのえる。

6:ソースを合わせる

ソースを合わせる
ボウルに生クリームをあけ、生クリームのパックに牛乳を入れて揺すってボウルにあけ、卵黄、塩、ホワイトペッパー、ナツメグを入れて混ぜ、チーズを入れて混ぜる。

7:野菜にソースをかける

野菜にソースをかける
5に6をかける。

8:オーブンで焼く

オーブンで焼く
200℃に予熱したオーブンで15~20分焼いて、美味しそうな焼き色をつける。焼けたら取り出し、刻みパセリをふる。

ガイドのワンポイントアドバイス

ズッキーニや茄子などは、串がスーッと通るまで焼いて塩コショウします。堅い野菜は、下茹でしてから、バターで焼いて塩コショウします。トマトなどの柔らかい野菜は、表面をさっと焼いて塩コショウします。下ごしらえができたら、後はソースをかけて焼くだけです。


【編集部からのお知らせ】
All Aboutで家計に関するアンケートを実施中です!(抽選でAmazonギフト券1000円分を3名様にプレゼント)
アンケートはコチラのリンクから回答をお願いいたします(回答期限は2020年9月29日まで)

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※衛生面および保存状態に起因して食中毒や体調不良を引き起こす場合があります。必ず清潔な状態で、正しい方法で行い、なるべく早めにお召し上がりください。また、持ち運びの際は保存方法に注意してください。