2タイプの骨盤リセットストレッチでスマホ症候群を撃退!

■うつむき姿勢をリセットストレッチ
うつむき姿勢でいると、首、胸、腕の筋肉が収縮して呼吸が浅くなりがちに……。
気がついた時に丸まった姿勢をしっかり伸ばして、全身のめぐりをよくしていきましょう!

 

 

003

首の様子をみながらゆっくり上げていきましょう

1.首の後ろに両手を重ねて天井を見上げましょう。
このときなるべく胸を張るように左右の腕を広げながら見上げるようにします。そのままの姿勢で10秒停止。

 

004

手のひらは天井に向いています

2.顔は前方を向いたまま、両手を組み手の甲側を頭の上に乗せます。手は動かさず、そのまま両肘を後ろの方へ引っ張ります。そのまま10秒停止。

 

005

手を上げるタイミングで顔もななめ上に向かって上げていきます

3.背後で手を組み、組んだままそのままゆっくり上げて行きましょう。そのまま10秒停止。
1日3セットを目安に行ってください。

 

■反り腰姿勢をリセットストレッチ
本人は正しい姿勢をしているつもりが、反り腰になってしまっているケースがよくあります。反り腰になってしまうと頭、首、背骨、肋骨、骨盤をつなぐ筋肉が常に緊張してしまっている状態に。リセットストレッチで筋肉をゆるめていきましょう。

 

 

006

腕は肩の高さまで上げます

1.脚を肩幅に広げて立ち、両腕を前方へ伸ばし、左手の甲に右手の手のひらを重ねます。

 

007

両腕は前へ押し出すイメージで

2.腕の高さをキープしたままの姿勢で、頭のみを下の方へ倒していきます。そのまま10秒停止。
重ねる手を左右反対バージョンも行いましょう。
1日3セットを目安に行ってください。

 
008

NGポーズ

両腕が肩の高さから下がらないようにしましょう。

 

スマートフォンがない生活は公私ともに考えられない今。スマホと上手に付き合っていくために、時間を取らず、仕事の合間やテレビを見ているときなどに、ちょこちょこっと自分自身の体をセルフケアしてあげましょうね!


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※ダイエットは個人の体質、また、誤った方法による実践に起因して体調不良を引き起こす場合があります。実践の際には、必ず自身の体質及び健康状態を十分に考慮したうえで、正しい方法でおこなってください。また、全ての方への有効性を保証するものではありません。