フランス語学習者泣かせの動詞の活用。検定やテストを前にして、やみくもに暗記するのは非効率です。以前の記事、『フランス語動詞はこう覚える!』では、音声を中心にフランス語動詞の覚え方について解説しましたが、今回はテストに向けて書きの場合の効率的な覚え方を伝授します。

不規則動詞と-er動詞の現在形の活用語尾を覚える

膨大な数に上るフランス語動詞の活用ですが、まずは基本形からいきましょう。仏検の「試験内容・試験形式」のページによると、5級で求められる能力としての動詞活用は「直説法現在、近接未来、近接過去、命令法の範囲内」とされています。まずは、おおざっぱに主語人称代名詞 je, tu, il, elle, on, nous, vous, ils, ellesに対応する現在形の動詞の活用語尾をしっかり覚えましょう。

以下の表に-er動詞とvenir(来る)のような代表的な不規則動詞の活用語尾のパターンを示しましたので、主語がjeの場合は活用語尾が-er動詞の場合は-e、不規則動詞の場合は-stuの場合はそれぞれ-es-s、三人称単数の場合は-e-tとしっかり覚えてください。主語が複数の場合は、-er動詞、不規則動詞共に語尾の活用は、-ons-ez-entとなります。
conjugaison1

主語と活用語尾の関係

例外の不規則動詞の活用を覚える!

先に見た主語と活用語尾との関係はかなりおおざっぱなもので、実際には、vouloir(欲しい)やpouvoir(できる)などの動詞の場合は、単数の活用語尾が-x, -x, -tmettre(置く)の場合ですと、-s, -s, -tprendre(とる)などの動詞の場合は三人称単数の活用語尾が -dと必ずしもすべて一致するわけではありません。また、faire(する)、aller(行く)、avoir(持つ)、être(~である)といった動詞は使用頻度も高くテストでも必ず活用を問われる不規則動詞ですが、先ほどみた活用語尾のパターンがあてはまらず、丸暗記が必要な動詞となります。こちらのサイトでは、動詞の原形を入力し虫眼鏡をクリックすれば活用の一覧を見ることができますので、活用が怪しい人は確認しておくといいですね。基本となる不規則動詞現在形の活用があやふやだと、過去形や未来形の活用暗記にも弊害がでてきます。まずは、この記事に載っている動詞だけでもパーフェクトにしてください。

次ページでは、仏検4級以上対応!直説法現在形以外の動詞の覚え方をみてみましょう。