オーブンにおまかせ! サワラのハーブグリル

所要時間:20分

カテゴリー:メインのおかず香草焼き

 

下ごしらえ3分で、あとはオーブンにおまかせ!

今が旬の魚であるサワラを、ハーブをたっぷり使った香り豊かな一品に仕上げます。魚料理というと手間暇かかるイメージがあるかもしれませんが、下ごしらえにわずか3分、あとはオーブンで焼き上げるだけの簡単レシピです。オーブン料理は焼き始めたら手が空けられるので、忙しい日やおもてなしにもぴったり。

このレシピを含めた一汁三菜の献立は、『サワラのハーブグリルワンプレートの献立と段取り』にまとめてあります。ぜひ併せてご覧ください。今回は付け合わせとなる『春野菜のグリルサラダ』『タルタルソースのブルスケッタ』も一緒にオーブンで焼いて、一気に三品仕上げるスピード献立です。

サワラのハーブグリルの材料(2人分

サワラのハーブグリルの材料
さわら (切り身)2切
タイム (フレッシュ)2~3本
ローズマリー (フレッシュ)2~3本
少々
こしょう 少々
オリーブオイル 大さじ1
フレッシュハーブが手に入らないときは、乾燥の瓶詰めを利用してもOKです。ミックスハーブが他の料理にも使いやすいです。

サワラのハーブグリルの作り方・手順

サワラのハーブグリルの作り方

1:下味をつける

下味をつける
サワラは食べやすい大きさに切り、塩こしょうをします。
オーブンを200℃に余熱しておきましょう。魚の水気はキッチンペーパーなどでよく拭き取ってから使います。

2:焼く

焼く
天板にオーブンシートを敷き、ハーブを乗せ、ハーブの葉を摘んで散らします。オリーブオイルを回しかけて、15~20分程度焼きます。 『春野菜のグリルサラダ』の野菜とともに天板に乗せています。

ガイドのワンポイントアドバイス

サワラだけでなく、スズキや鯛、鶏もも肉や豚ロース肉などで作っても美味しいです。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※衛生面および保存状態に起因して食中毒や体調不良を引き起こす場合があります。必ず清潔な状態で、正しい方法で行い、なるべく早めにお召し上がりください。また、持ち運びの際は保存方法に注意してください。