デリケートゾーンのニオイは、女性ならば気になってしまうのではないでしょうか。特に、気温の高い季節は要注意。今回は、特に生理中のデリケートゾーンのニオイについて対策方法をお話します。

デリケートゾーンのニオイの原因は?

気になるデリケートゾーンのニオイ

気になるデリケートゾーンのニオイ

デリケートゾーンに限らずですが、体臭の原因は、汗などの分泌物と細菌が混ざり合うことによって独特の臭いを発生させることによります。比較的汗をかきやすい夏場により一層ニオイが気になるのは、このせいです。

拭き易い場所であれば、その都度汗をぬぐうことができるのですが、デリケートゾーンでは難しく、場所の性質上、他の部位に比べて、どうしても細菌が繁殖しやすくなってしまいます。

理想は、トイレに行った際に、ウォッシュレットで洗浄して清潔を保つことです。なかなか難しい場合は、帰宅してからシャワーでさっとデリケートゾーンを洗い流すようにしてください。それだけでも不快感がだいぶなくなり、ニオイも発生しにくくなります。

また、できるだけこまめにトイレに行くようにして、長時間「密室状態」を作らないように工夫するのもひとつです。

生理中は特にニオイが発生しやすい

特に生理中は注意が必要です。経血がずっと分泌され続けて、湿った生理用ナプキンが蒸れた際、ニオイ発生の温床になってしまう場合もあります。

ナプキンは、必ずこまめに交換するようにし、自分の経血量に合ったものを選ぶようにしましょう。少量の出血しかないのに、「夜用ナプキン」ばかりを使用していると、通気性が悪くなってしまいます。

次ページでは「アンダーヘアやお風呂でのケア方法」について、紹介します。