アラフォー世代は注意すべき「後ろ姿」

image

肩こりや腰痛も年齢を感じさせる原因に!

例えば、台所やデスクワークで疲れがたまっているネコ背。腰痛で腰が引けているような曲った背中。肩コリや腰痛以外に、背中から見るバックラインを意識したことはありますか? 

そんなスタイルだと、実際の年齢より老けて見られがちなんです。 背中は普段目に届きにくい分、ダイレクトに年齢や重さを感じさせてしまう部分なんです。

30代、40代になりボディラインの崩れが気になってきたら、バックスタイルをしっかり見直していきましょう。今回は年齢を感じさせない美しい背中のつくり方をお伝えします!

※骨盤ダイエットがはじめての方は、「痩せたいなら知っておくべき5つの骨盤知識」をご覧ください。


美しい背中のつくり方 【腰周りの贅肉カット編】

目が届きにくく、あまり動かす部位ではない背中は、贅肉が溜まりやすい箇所でもあります。 後ろを向くようにして腰周りをねじり、ムギュッとつかめるぼってり贅肉をとりましょう!
立ったまま行えるので、会社や移動の途中でもできるエクササイズです。
1600

腰のまわりのつかめる贅肉をスッキリさせましょう!


01

お腹をへこまし腹筋も使います

1. 背筋を伸ばし、脚は肩幅程度に開いて立ちます。両手を後ろで組み、息を吸って準備。

 

02

腰に痛みがある人はお休みしましょう!

2. 息を吐きながら、右ひじを見るよう上体をしっかり右へねじる。



 

01

 お腹はおつもペタンコに

3. 息を吸いながら、上体を元の位置へ戻す。




 

03

下半身にはしっかり体重を乗せ

4. 息を吐きながら、今度は上体を左へねじり、また3の姿勢に戻る。


5. 1から4の動きを1セットとし、ゆっくり5セット行う。

 

≫≫ 次ページは、たるんだ背中を引き上げるエクササイズ!