オフィス編!アロマスプレー活用術

アロマスプレーの材料

アロマスプレーの材料

毎日使うパソコンやスマホもアロマでキレイにお手入れしましょう。オフィスに1本置いておくと便利な、手作りアロマスプレーの活用方法をご紹介します。

アロマスプレーは身体につけるだけの物ではありません!すでに作り方をご存じの方は活用術にお進みください。まだの方は、早速アロマスプレーを作ってみましょう。

手作りアロマスプレーの材料

  • アロマオイル(エッセンシャルオイル/精油)5滴 ※種類は活用術をご参考に。
  • 無水エタノール5ml
  • 市販の飲用水20ml
  • 100円ショップなどでOKなのでスプレータイプの容器
容器はガラス製がベター、でも今回はプラスチックでも大丈夫なレシピになっています。配合をご自身でアレンジする場合、その濃度によってガラス製を使ってください。要するにアロマの分量が増えれば増えるほど、ガラス製の必要あり、ということです。


手作りアロマスプレーの作り方

  1. スプレー容器に無水エタノールを入れます。
  2. そこにアロマを1滴ずつ垂らします。※無水エタノールもオイルも手につかないように気を付けてください。
  3. 最後に市販の飲用水を加えて蓋をし、よく振り混ぜれば完成
水が多く入っているため約1か月が使用期限の目安です。


ビギナーさんに注意!

天然植物100%が定義です

天然植物100%が定義です

アロマオイルという呼び方はちょっと微妙で、人工の香り(フレグランスオイルやポプリに使うもの)と間違える人がまだまだ多いみたいです。アロマテラピーでいうアロマオイルは精油やエッセンシャルオイルとも呼ぶもので、天然100%の植物由来の芳香成分です。お間違えなく!


今回はデスク周りの活用術。なので、消費量はさほど多くありませんが、ちょこちょこと登場は多いはず。デスクに1本必須アイテムになること間違いなし!

次のページでは、「オフィスでのアロマスプレーの活用術」を、紹介させていただきます。