その4 脂なじみがいい抗酸化成分

第4に注目したい乾燥肌を改善するスキンケア成分は、「脂溶性抗酸化成分」です。代表的なものが、ビタミンE、アスタキサンチン、COQ10、リコピンなどの脂溶性の抗酸化物質です。脂溶性というのは、油分となじみやすく、細胞を守る城壁のような細胞膜を強くしてくれる働きがあります。

あ

皮脂とのなじみが良い脂溶性のビタミンで美肌づくりに必要な栄養をチャージしましょう

これによって、細胞内から水分をはじめとする大切な成分が外側に奪い取られず、外側の有害物質やウイルスの侵入を阻止するように、細胞膜が細胞の内側を守ってくれるのです。

美肌づくりに欠かせない成分であるビタミンCは、水溶性のため、肌になじみにくい性質でしたが、研究が進んで、油分となじみやすく肌からの吸収力が高いビタミンCも開発されています。

スキンケア成分を今すぐチェック!

あ

4つの肌老化を寄せ付けない成分入りのスキンケアを選びしっかりメンテしましょうね!

乾燥肌を改善するためのスキンケア成分は、下記の4つです。
  1. AHA(フルーツ酸など)
  2. 乳酸菌由来成分(乳酸菌由来のヒアルロン酸など)
  3. グリセリン(ヤシ油)
  4. 脂溶性抗酸化成分(ビタミンE、アスタキサンチン、COQ10、リコピン、脂溶性ビタミンCなど)

スキンケア製品を選ぶときに、しっかりと成分を確かめて、わからないときは、売り場の人に確認してから選ぶようにしましょう。


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※個人の体質、また、誤った方法による実践に起因して肌荒れや不調を引き起こす場合があります。実践の際には、必ず自身の体質及び健康状態を十分に考慮し、正しい方法で行ってください。また、全ての方への有効性を保証するものではありません。