その2 乳酸菌由来成分の保水力

あ

乳酸菌には食べて良し。塗って良しの保水力がたっぷり。ぜひ美肌づくりに活用してください

第2に注目したい乾燥肌向けのスキンケア成分は、「乳酸菌由来成分」です。乳酸菌は、もちろんヨーグルトなどに含まれる成分で、食べても肌の保湿力が改善することが明らかになっています。

実は、乳酸菌由来の美容成分にも、保湿成分や肌の弾力を改善する力があり、化粧水や美容液に広く利用されています。たとえば優れた保水力を持つヒアルロン酸は、乳酸菌発酵の働きで作ることができ、動物由来のヒアルロン酸よりも、はるかに保水力が優れていることがわかっています。

乾燥肌の人はぜひ、乳酸菌由来のヒアルロン酸入りスキンケアを選んでみてください。
 

その3 グリセリンの柔肌生産力

第3に乾燥対策に使いたいスキンケア成分は「グリセリン」です。グリセリンはヤシの実に多く含まれるアルコールの一種ですが、アルコールのようにさらさらとした感触ではなく、粘り気やべとつきのある無色透明の液体です。

グリセリンの特徴は、まわりの水分を取り込むほどの高い保水力があることです。さらに独特の粘り気で、肌の表面を包み込むことで、肌の柔軟性を高め、柔らかく感触の良い肌にしてくれます。

次ページでは「残る1つの美容成分」を、紹介します。