ノルウェーコーヒー業界を盛り上げるソルベルグ&ハンセン

 

オスロのコーヒーショップ

コーヒー好きならチェックしておきたいスポット Photo:Asaki Abumi

ノルウェーのコーヒー事情を語る際に、外すことのできないブランドがソルベルグ&ハンセン。頭文字をとった「S&H」のロゴで知られており、多くのカフェやレストランに異なるレシピで豆を卸しています。スウェーデンの「エスプレッソハウス」や、ノルウェーの「カッフェ・ブレネリーエ」をはじめとして、北欧の最大手チェーンに豆を提供しているのも、実はS&H。まさに北欧のスペシャルティコーヒー市場の縁の下の力持ちともいえます。これまではオスロ郊外にある焙煎所で豆を焼いていましたが、屋内型食市場マートハーレン内にある唯一のコンセプトストアが2011年4月にオープン! 一般客がスタッフと触れ合える交流の場となっています。

別記事「オスロのグルメトレンド発信地、食市場マートハーレン」

おしゃれにこだわった袋のイラストも特徴的で、オスロのデザイン事務所が手がけています。クリスマスやイースター、夏などの季節限定のコーヒーも販売しており、コーヒーもお茶もお土産におすすめです。

ミルクと砂糖はなし!ブラックコーヒーのみを提供する徹底ぶり

オスロのカフェ店員

コーヒーを難しく考えず、楽しむことを伝えるスタッフ Photo:Asaki Abumi

なんと店頭では、豆の本来の味を味わってもらうために、ミルクや砂糖を用意していません。つまり、カフェラテやカフェモカは注文不可能。ミルクがないことに驚くお客さんも多いそうです。日本のカリタ社のウェーブシリーズによるドリップコーヒーを主に提供していますが、店員さんにお願いすればエアロプレス抽出なども可能です。同じコーヒー豆を使用して、数種類の異なる抽出方法で味の違いを試してみたりと、実験的な楽しみ方もできます。

他店のフードの持ち込みOK

オスロのカフェ

ラボラトリーのような空間も見ていて楽しい。店内には豆や関連器具がずらりと並んでいる Photo:Asaki Abumi

S&Hではコーヒーとお茶、関連器具の販売のみをおこなっています。パンなどの軽食やスイーツと一緒にドリンクを楽しみたいときは、マートハーレン内の他店で購入した食べ物の持込が可能です。ガイド自身は、グリーネルロッカ地区を散策しているときに、ランチ時間になると他店で購入した食事を持ち込み、S&Hのカウンターでお茶をしながら休憩をしています。他のカフェと比較しても、混雑することがあまりないために、ゆったりとした空間がこのカフェの良いところです。コーヒーのことで分からないことがある時に聞きやすい環境となっています。

コーヒーのレッスンも週末に開催

オスロのカッピング

誰でも気軽に参加できる「パブリックカッピング」 Photo:Asaki Abumi

コーヒーのテイスティングをするカッピング、フレンチプレス、エアロプレス、ハンドドリップなどの様々な抽出方法で淹れるコーヒー講座、お茶の淹れかたなどのレッスンが有料で開催されています。レッスン内容は週によって異なるので、事前にお問い合わせを。

<DATA>
■コーヒーの有料レッスン
時期:毎週日曜日16:00
レッスン時間:約1時間
レッスン料:250ノルウェークローネ(S&Hのコーヒー豆1袋付き)
予約方法:店頭でチケット購入、英語でのメールによる事前予約はvulkan@sh.noへ。

<DATA>
Solberg & Hansen(ソルベルグ&ハンセン) 
住所:Maridalsveien 17
エリア:別記事「グリーネルロッカ地区」
TEL:+47 91 16 66 86
営業時間:火~金曜8:00~19:00、土曜10:00~19:00、日曜11:00~18:00
定休日:月曜
アクセス:トラム11、12、13番線Schous plass駅から徒歩9分、バス34・35番Møllerveien駅から徒歩約3分

関連記事
「話題の北欧コーヒーを代表するオスロの8つのカフェ」
「コーヒーレッスン&カッピングができるオスロのカフェ」
「食市場マートハーレンのおすすめのお土産」
「ノルウェー旅行(基本情報・日本からのアクセス)」

※1ノルウェークローネは2015年2月現在、約15.6円。おおむね16円前後で推移。



※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。