ノルウェー最大規模のカフェチェーン、カッフェ・ブレネリーエ

 

オスロのカフェチェーン

温かみのあるイエローカラーやレンガや木製品を使用した北欧インテリアにも注目 Photo:Asaki Abumi

ノルウェーでオスロを観光するときは、浅煎りコーヒーはぜひ飲んでおきたいところ! 旅行時間が限られている旅人が、簡単にアクセスできるカフェが、「カッフェ・ブレネリーエ」。市内に26店舗を設け、約20種類のコーヒー豆を取り扱っています。

最大手チェーンでありながら、コーヒーのクオリティには妥協せずに、高品質の豆を市民に届けます。テイクアウトの文化をノルウェーに広げた先駆けであり、「憩いの場」としてのカフェ環境を提供中。自家製造のパンやチョコレートなども販売しており、至る所に店舗があるのでアクセスも簡単です。

名画『叫び』鑑賞後、カフェでまったり

カフェは国立美術館前に

ホテルや美術館が集中する中心地にあるので簡単にたどり着ける。カール・ヨハン通りから歩いて数秒! Photo:Asaki Abumi

最もアクセスしやすい店舗は、画家ムンクの『叫び』が展示されていることでも有名な国立美術館前。赤茶色のレンガや黄色い外観が特徴的で、客層も世代などを選ばず、たくさんの人が一人でも気軽にのんびりとした時間を過ごしています。

おいしいコーヒー豆をお土産に

ノルウェーコーヒー

コーヒー豆はお土産におすすめ。後ろの建物が国立美術館 Photo:Asaki Abumi

カッフェ・ブレネリーエは、コーヒー生豆の品質を評価する国際審査カップ・オブ・エクセレンス(COE)のヨーロッパ最大の顧客です。入賞豆にはCOEの称号を表すシール付き。店頭の豆は、主にノルウェーのスペシャルティコーヒー大手ソルベルグ&ハンセン社で焙煎されています。「本日のコーヒー」も常に2種類用意されており、自分の好みの味に近いものを注文可能。酸味が強烈な時もあるので、最初の一口でびっくりするかも?

デザートはチーズケーキが大人気!

おすすめメニュー

本日のコーヒー(24NOK)とチーズケーキ(37NOK)を注文 Photo:Asaki Abumi

パンやサンドイッチなどもあるので、朝食やランチの場所としても最適。ノルウェーの物価が高すぎると感じて、レストランに行くのをためらったときは、カフェでお腹を満たすという節約方法もあります。メニューの中で、特に定評があるのが甘いチーズケーキ。売り切れることもよくある人気スイーツで、旅行休憩に最適のお供です。

<DATA>
Kaffebrenenriet(カッフェ・ブレネリーエ)
住所:Universitetsgata 18
エリア:中心地
別記事「オスロ観光の中心、カール・ヨハン通り」
TEL:+47 95 26 26 77
営業時間:月~金曜7:00~19:00、土・日曜9:00~18:00
アクセス:各交通路線Nationaltheatret駅から徒歩2分

関連記事
「ノルウェーのコーヒー文化」
「話題の北欧コーヒーを代表するオスロの8つのカフェ」
「北欧ベルゲンで見つけたついつい長居したくなるカフェ」
「大人気ノルウェーコーヒーのおすすめのお土産」
「ノルウェー旅行(基本情報・日本からのアクセス)」

※1ノルウェークローネは2015年1月現在、約15.4円。おおむね16円前後で推移。


■All Aboutで「お金」について、アンケートを実施中です!
回答いただいた内容をAll About記事企画の参考にさせていただきます
※2021/7/1~2021/7/31まで

・【誰でも回答可】「毎月の家計についてのアンケート」に回答する
抽選で10名にAmazonギフト券1000円分プレゼント

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。