冷えは女性の大敵

b

冷えは女性の大敵です!

体が冷えると、肌が乾燥するだけでなく、くすんだり、代謝が悪くなってごわごわしたりと、嫌な事が連鎖的に起こります。
しかも、体温が1度下がると基礎代謝は約12%、免疫力は約30%低下するなど、冷えは体にも悪影響を及ぼします。

そこで注目したいのが「温活美容」。体や肌を温めることで、不調を改善したり、美肌へ導いたりするという美容法。
昨今、話題の美容法なので、白湯を朝一番で飲んだり、ストレッチをしたり色々試している人もいるのではないでしょうか?逆に、カイロを貼りまくる、着ぶくれするほどとにかく着込むなど、かえって体に良くないことをしている人もいるかもしれませんね。

でも、面倒くさいのは嫌。もっと簡単に温活美容したいという人もいるのでは?

そんな人には、体の内と外から温めて、美肌と健康の両方を手に入れる「温活美容アイテム」がオススメ。どれも手軽な上に、即効性があるものばかりなので、今すぐ試してみたくなること間違いなしです。


外側から温める

T

温感ジェルでホットマッサージ

LOVE&PEACE フレグランス
ナチュラル ボディ ホット マッサージ ジェル
150g/1200円(税抜)

冷え性の女性をマッサージで温めたいと考え、生まれたのがこちらの商品。
ナチュラル処方の温感ジェルを肌に優しくなじませると、じんわり温かくなるのを実感。さらにマッサージすることで、冷えて凝り固まった体をほぐして美ボディへと導いてくれます。マカデミアナッツオイル、オリーブオイル、アルガンオイルなどの保湿成分により、冬の乾燥対策もバッチリ。加えて、ピースフルフルーティーな香りに気分もアップ。体が冷えて眠れないとお悩みの女性は、ホットマッサージを寝る前の習慣にしてみてはいがかでしょうか?


内側から温める

F

程よいからさがやみつきに

ナチュラルサイエンス
濃い贅沢 黒糖黒しょうが
60g/560円(税抜)

温活には生姜が必需品。なかでもこちらの商品は、鹿児島産の生姜に、沖縄・鹿児島産黒糖を加え、さらには話題のタイ産黒生姜を配合しているので、パンチの利いた濃厚な辛さを実現しました。市販の生姜湯や生姜黒糖では物足りないという人にも大満足の味わいです。しかも、食べて30分もすると指先までぽかぽか、温感効果も抜群。

そのまま食べたり、お湯に溶かして生姜湯にしたり、紅茶やココアなどに混ぜて飲んだりと、自分の好みでアレンジも可能。さらに、煮物などの料理にも使えて便利。程よい生姜の辛さが、やみつきになること請け合いです。


H

こだわりの生姜をWで配合

メタボリック
エンナチュラル ハニージンジャースムージー
170g(10~20回分)/2000円(税抜)

エンナチュラルのスムージーシリーズに、この冬ハニージンジャー味が新登場。人気素材である生姜の中でも、特に温め効果が高く、かつ日常的には入手しにくい金時生姜とパワーアップジンジャーをダブルで配合。さらに、30種類の複合スパイスや温め野菜、植物発酵エキスに活性型酵素など、体にいいものだけを厳選して配合した自信の1品です。しかも、1回に乳酸菌20億個も摂ることができるので、ダイエットにも効果的。

食べ方は色々ありますが、個人的にはお湯で溶かして飲むのが好み。朝食の前に飲むと体も温まり、すっきり快調に1日をスタートできます。


内と外側の両方から温める

D

毎日のお風呂が楽しくなる

オルビス
ホット・ボディバス
1回分/250円、1週間セット/1500円(ともに税抜)

入浴は、まさに外側と内側を同時に温める冷え対策の鉄板。体の芯まで温めるために、入浴剤を取り入れるとさらに効果的です。オルビスから限定発売している「ホット・ボディバス」は、酵素と生薬をWで配合しているため、体の芯からじっくり温めるだけでなく、入浴後も温感効果が持続。湯冷めの心配もありません。さらに、タンパク分解酵素の働きで、お風呂上りは驚くほどツルすべ肌になるという美肌効果も。3種の天然ハーブの香りと乳白色の湯色が、バスタイムを楽しく演出してくれます。



※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※個人の体質、また、誤った方法による実践に起因して肌荒れや不調を引き起こす場合があります。実践の際には、必ず自身の体質及び健康状態を十分に考慮し、正しい方法で行ってください。また、全ての方への有効性を保証するものではありません。