パンプスでダイエットとは?パンプスを履くときは重心を意識!

パンプスでダイエット!正しい姿勢とウォーキングで期待できる効果

女性らしさの象徴ですが、トラブルも

脚が長く見えるから、ハイヒールが大好き!という女性は多いですが、実際に、ハイヒールを履いて美しく歩いている女性って少ないと思いませんか?

ハイヒールは、フラットシューズに比べて体の重心が前に傾くため、バランスをとりにくいからなんですね。前重心を真ん中重心に保つためには、筋力が必要です。

筋力がないと、身体のバランスを保つことが困難で、歩き方が悪くなってしまうのです。
また、パンプス・ハイヒール・サンダルなどヒールの高さがあるものは、靴底の接地面積が少ないため、歩く時も気をつけなければならないポイントがいくつかあります。

今回は、ハイヒールでの美しい歩き方と、ハイヒールを履くことで得られるダイエット効果についてご紹介します。
   

ハイヒールを履いたときの正しい歩き方

腹筋で上半身を引き上げて

腹筋で上半身を引き上げて

ヒールが高くなると、身体の重心が変わります。つま先に体重が乗り過ぎるので、そのバランスを取ろうとして、腰で上半身を支えるような姿勢になるのです。ですが、それでは腰が反りすぎて、腰痛やトラブルを引き起こしてしまいます。

ですから、腰ではなく、腹筋でバランスを取るようにします。基本の立ち方をベースに、普段以上にしっかりと腹筋を引き上げて、背骨のラインを整えます。

 

ハイヒールでの正しい歩き方

正しい着地例

正しい着地例

ヒールの高い靴では、基本のウォーキングフォームで行う「踵で着地」は不安定で、転倒の原因となりますので、行いません。

つま先を上げないようにゆっくり地面に踵を置くように着地します。この時、正面に靴裏を見せないように気をつけます。
 
悪い着地例

悪い着地例

後ろ脚はまっすぐに体を前に押すようにし、膝が曲がらないように注意します。後ろ脚を積極的に使わないと、膝が曲がり、腰痛や外反母趾などを引き起こし、身体のバランスを崩す原因となります。

踵からヒップまでの真っ直ぐなラインを意識すると、脚全体の筋肉を使うようになり、美脚効果があります。逆に後ろ側の脚を使わずに歩くと膝が曲がり、見た目が悪いだけでなく、筋肉のバランスも悪くなりますので注意が必要です!

たとえ、正しい歩き方でも、慣れないと歩きにくく、疲れてしまうもの。
少しずつで良いので、自分の歩き方を意識し、徐々に正しい歩き方で歩く時間をのばしていきましょう。
 

ハイヒールを履くときは「筋トレ!」と思うべし

ハイヒールを履くときには、通常よりも、重心をキープするために、筋肉が必要になります。ハイヒールを履いた時、一歩一歩を意識し、「私、今、筋トレしてるのね」と思ってウォーキングしてみてください。
1週間後には、必ず効果が出て足が引き締まっているはずです。

また、高いヒールを履きなれない方は、身体が、上下に揺れたり、バランスを崩しがちです。そうなると、転倒の恐れがありますので、自分の身体の中心に重心がある事をイメージして歩きましょう。高いヒールはつま先への負担も大きいので、愛用者は、足裏ケアを忘れずにおこない、外反母趾などの足のトラブルを回避しましょう。
ヒールでのウォーキングは筋力も必要です。サイト内でご紹介しているパーツ別筋トレで筋肉を養いましょう。

ヒールを履いた時は、毎日が美ウォークのレッスン! 意識して継続すれば、必ず、美しい歩き方と、引き締まった脚線が手に入りますよ!

【関連記事】

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※ダイエットは個人の体質、また、誤った方法による実践に起因して体調不良を引き起こす場合があります。実践の際には、必ず自身の体質及び健康状態を十分に考慮したうえで、正しい方法でおこなってください。また、全ての方への有効性を保証するものではありません。