負荷のかかる足にこそ、毎日のケアを!

正しいメンテナンスでウォーキング効果も倍増

メンテナンスでウォーキング効果も倍増

ウォーキングエクササイズの際に、整えておきたいボディーパーツの1つは足。足は、身体の中では非常に小さなパーツですが、ウォーキングの際には、体の中で唯一、地面に接地している部位でもあります。

私たちが日常で当たり前のように行っているウォーキングですが、足の裏で全体重を支え、身体を移動させる動作を行うわけですから、足への負担は相当なもの。

例えば、体重50キロの女性が一日に5000歩歩く場合、単純計算で250kgの負荷が足にかかっていると考えられますし、ダイエットを目的とした「エクササイズウォーキング」となると、更に足への負担は増加します。

また、足に合わない靴を履いている時は要注意! 足の指や足裏が縮まるなど、不安定な状態でのウォーキングとななってしまうため、足への負担は大きなものとなってしまうのです。

日常的に大きな負荷がかかっている足にこそ、毎日のケアをしてストレスを取り除いくことが重要です。

毎日できる!簡単足ケア方法

下記に日本ウォーキングセラピスト協会が推奨する、足のケア方法を紹介します。簡単なので、毎日のバスタイムなどを利用して習慣づけて、その日のうちに足の疲れは解消するようにしましょう。

1. 足の甲のコリをとる
骨の隙間を意識して揉みましょう

骨の隙間を意識して揉みましょう

まずは、足指の骨を意識し、縮こまってしまった足の甲のコリを取り除きます。写真のラインのように、指の骨の隙間を意識して、骨と骨の間を揉みましょう。初めは優しく、次第に気持ちの良い程度に強くマッサージ。

モデルのようなスッキリとした甲を目指して、 まずは、足元に溜まった老廃物を排出しましょう! 皮膚の摩擦を防ぐためにも、クリームやオイルを使うと、より効果的です。

2. 指の間を開いてほぐす
足指、ちゃんと開きますか?

足指、ちゃんと開きますか?

次は、指そのものを左右に開いてほぐします。
指の間を大きく開き、前後左右にゆっくり揺らし
指の付け根から水かきをほぐすイメージで、順番に全ての指の間をマッサージ。

ただし、外反母趾の人は痛みを伴う場合もあるので、力任せにやらないように注意!

 

3. 足裏のアーチを整える
足裏のアーチを整えて

足裏のアーチを整えて

地面に立つ際に非常に重要な、足裏のアーチをほぐし整えます。

写真の線1のように、踵から爪先に向かい足裏の中央のラインを押します。この時、足を縦に折るようにすると押しやすいです。

次に、両サイド線2・線3をそれぞれプッシュ。
特に、土踏まず付近は硬くなっているので、その場合はじっくりほぐしてみてください。また、足裏には多くの反射区があるので、気になるパーツがあったら、気持ち良い程度に揉みほぐしましょう。

 

4. 足首を回す
背筋を伸ばし骨盤を立てるように意識して座り、片方の脚ひざの上に揉みほぐす足をのせましょう。股関節が硬い場合、足がひざの上に上がらない事もありますが、回数を重ねる毎に徐々に柔らかくなるので、無理せずに行いましょう。

指の奥までしっかり握りましょう指の奥までシッカリと握りましょう



その姿勢を保ったまま、足指の付け根までしっかりと手の指を入れ、握りあいます。足指の関節が固まっていて痛みを伴う場合は、無理せずゆっくり握るように。

次に、足首を10回ゆっくり大きく廻し、逆回転も行います。終わったら、反対の足も同様に行いましょう。

 

メンテナンスされた足で、ウォーキングを楽しもう!

毎日足のケアをするようになると、足の状態から、その日の姿勢やウォーキングを振る変えることができるようになります。例えば、先の細いパンプスで一日中歩き回った日は、足の指の関節が固まっていたり、また、沢山エクササイズウォーキングした日には、足裏がパンパンに張っていたりと、感じるもの。自分の足を直接触ることにより、コンディションが分かり、翌日の靴や歩き方に気を配るなど、日々の姿勢やウォーキングの改善につながるのです。

毎日のケアで足からのメッセージを受け取り、自分のウォーキングを振りかえる機会をつくり、安定したウォーキングが行えるようにしましょう。

足裏を整えてからウォーキングをする事で、足首の動きがスムーズになるため、第二の心臓であるふくらはぎの働きが増大し、下半身のポンプ機能がアップ! リンパの流れを促すため、むくみ改善にもつながります。さらに、正しい姿勢で歩けるようになれば、足首のゆがみ改善や転倒防止にも、効果あり。

足の状態を整えて、気持ちよくウォーキングを行いましょう!


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※ダイエットは個人の体質、また、誤った方法による実践に起因して体調不良を引き起こす場合があります。実践の際には、必ず自身の体質及び健康状態を十分に考慮したうえで、正しい方法でおこなってください。また、全ての方への有効性を保証するものではありません。