飛行機の中は砂漠以上に乾燥している!

image

砂漠並みに乾燥した機内では肌がカピカピに!

機内で最もつらいことの一つが乾燥ではないでしょうか。美肌に良いとされる湿度は60~65%程度と言われていますが、機内の湿度は20%以下。ハワイなどの海外旅行で機内泊を要する長時間フライトになると、さらに下がり10%以下になることも。砂漠の湿度は20%程度と言われているので、機内は砂漠以上にかんそうしているということになります。

そんな機内で地上と同じように過ごしていれば飛行機を降りたときに肌がカピカピになってしまって当然です。ここでは極度の乾燥状態の機内でも潤いをキープするための方法を3つご紹介します。

 


お肌の乾燥対策1:おしぼりでアナログ保湿

湿度を上げるといえば加湿器ですが、機内持ち込み荷物はなるべく小さく抑えたいもの。そこでおすすめなのがおしぼりを使ったアナログ加湿。機内で配られるおしぼりをぬるま湯で濡らして軽く絞り座席のテーブルなどにかけておくと水分が蒸発して湿度を上げてくれます。

CAの中には休憩中に濡らしたおしぼりを顔にのせて保湿している人も。
たっぷり濡らしたおしぼりもあっという間にカラカラに乾燥してびっくりするはずです。

お肌の乾燥対策2:大きめマスクでスチームエステ状態に

image

大きめマスクでスチームエステ状態に

機内でクリームやオイルで顔の保湿をする人は多いと思いますが、その時にぜひ取り入れていただきたいのがマスク。自分の息の蒸気でスチーム状態になるのでクリームや蒸気がグングン浸透していきます。目の下まですっぽり覆える大きめマスクがおすすめです。さらにアロマを一滴垂らせばアロマスチーム状態に。喉の乾燥にも効くおすすめワザです。

 

髪の毛のパサパサ乾燥対策には

image

機内では髪の乾燥対策も

肌と同様、機内で乾燥して困るのが髪の毛。乾燥した機内では髪の毛の水分もどんどん蒸発し奪われていきます。そのため乾燥してあほ毛が目立ってしまったり、静電気が起きてしまっっれ髪型が崩れるのです。ヘアクリームやヘアオイルで保湿することも大切ですが、その前に必ず取り入れていただきたいことが。それが髪表面への水分補給です。ヘアクリームやオイルで油分を補う前に蒸発してしまった水分を補ってあげましょう。それからヘアクリームやオイルで油分を補い蓋をすることで潤い感が格段にアップします。

水分補給の方法としてはヘアミストをスプレーするのも良いですが、洗面所で水を手につけ髪表面の乾燥している部分に軽く馴染ませるだけでもOKです。ただしその後に必ずクリームやオイルで蓋をしてあげてください。
また、機内でトリートメントやヘアオイルを付けずに素髪でいるのは危険。どんどん水分が蒸発していってしまいます。スタイリング剤でも良いので髪表面に蓋をしてあげることで乾燥を防ぐことができます。

いかがでしたでしょうか。ちょっとしたコツで機内でも乾燥を防ぎ美しく快適に過ごすことができます。次の出張や旅行の際にぜひ取り入れてみてください。


「CA直伝!飛行機内で快適に過ごす裏技」シリーズ記事

1 美容編
2 飲食編
3 服装編
4 睡眠編
5 時差ボケ対策編


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※個人の体質、また、誤った方法による実践に起因して肌荒れや不調を引き起こす場合があります。実践の際には、必ず自身の体質及び健康状態を十分に考慮し、正しい方法で行ってください。また、全ての方への有効性を保証するものではありません。