講義形式の授業を受けることだけが勉強だと思っていませんか。実は、その多くは学習効果が低いとガイドは考えています。学習の仕方には、その効果の度合いによっていくつかに分類されているのです。今回は、自身の塾講師の経験も踏まえ、「ラーニングピラミッド」というモデルを用いながら、このことについて解説していきます。最も学習効果が高い学習の仕方とは?

学習効果をモデル化した「ラーニングピラミッド」

ラーニングピラミッドの前に、その元といわれているDale, Edgar(1946)の「The “Cone of Experience”(経験の円錐)」を見てみましょう。
ラーニングピラミッドの元となったとされる経験の円錐(The Cone of Experience)

ラーニングピラミッドの元となったとされる経験の円錐(The Cone of Experience)

※(日本語訳はガイドによる)

■引用元
Dale, Edgar. (1946) The “Cone of Experience”, Audio-Visual Methods in Teaching. NY: Dryden Press.

これは、人の経験や学習の過程を分類したもので、まず体験して、次に自ら参加し観察し、最終的に言葉やビジュアルで表すことができるようになるということを表しています。具体的な体験を経ることで物事を抽象的に捉えることができるようになると言い換えてもいいでしょう。

この「経験の円錐」は、その後多くの解釈が加えられ、「ラーニングピラミッド*」として、およそ下の図のように援用されています。そこへ、ガイド自身の塾講師の経験も踏まえて、学習の定着率のイメージも図にしてみました。
勉強の仕方をランク付けした「ラーニングピラミッド」

勉強の仕方をランク付けした「ラーニングピラミッド」

*ラーニングピラミッドはあくまでも仮定されたモデルであり、数値が併記されているものもありますが、それは科学的に裏付けられたものではありません。

ガイドの解釈では、ラーニングピラミッドは、学習は「講義を受ける」から「教える」までの7つの段階に分けられ、下段に行くほどその定着率(効果)が高いと考えます。

まず、1段目:「講義を受ける」とは、教師や講師があるテーマについて話しているのを聞いて学ぶことです。しかし、これは学習の定着率は最も低いでしょう。

次いで、2段目:テキストなどを「読む」、3段目:映像などを「視聴する」、4段目:誰かに「実演してもらう」と、順に定着率は上がっていくと考えています。

「講義を聴くと眠くなる」、そんな体験をした人は少なくないでしょう。教師や講師がただ一方的に話す講義形式の授業は、これまで一人が多数に教える時に効果的と思われてきた方法です。それで、学校などで広く行われてきた授業形態なのですが、実は学習効率の観点からはあまり効果は期待できないのです。

もちろん、講義形式の授業で学ぶこと自体を否定しているわけではありません。ただ講義を受けるだけでは不十分なので、様々な方法で学びを深める必要があるのです。

次は、学習効率がアップする工夫とは