シソの花

シソは、蕾・花・実とそれぞれの段階で薬味として楽しめる植物。

刺身の添え物や天ぷらに、初夏から夏にかけて食卓で大活躍してくれる大葉。アオジソ(青紫蘇)の葉のことを「大葉」と呼んでいます。シソは、穂じそ・花穂じそ・しその実など、葉だけでなく花穂や実まで利用できます。それらのものをお店で買おうとすると、一回では使い切れない量を買うことになってしまい、余らせた分をダメにしてしまうこともありますが、家庭菜園で育てておけば、必要なときに必要な分だけ利用することができ、ムダがありません。

シソの栽培スケジュール

種からでも簡単に育てることができますが、初心者の方や少量で良い方には、苗から始めるのがおススメです。
シソundefined栽培カレンダー

苗からはじめる場合は、植えつけて2~3週間ほどで収穫開始できます。


準備するもの

シソは、それほど肥料分を必要としません。地植えの場合は、もともと水はけの良い土であれば、良く耕しておく程度でOKです。もし、水はけが良くない場合は、完熟たい肥やくん炭をすき込んで、土壌改良をしておきましょう。また、それほどスペースを必要としないのと、半日陰くらいの環境の方が葉が柔らかく仕上がるので、トマトやナスの隣りなど、背の高くなる野菜のすき間で育てることも可能です。

プランター栽培の場合は、幅60cm程度の普通サイズのプランターと、培養土を用意します。鉢底石は特に必要ありません。

それに、種か苗を用意します。苗は、上記のプランターのサイズであれば2ポットが適量です。

シソの種まき・植付け

種から始める方は、指で軽く条を作り、そこに重ならないように種をまく、条(すじ)まきを行います。シソのタネは「好光性種子(こうこうせいしゅし)」といって、光が当たっている方が発芽が促進される性質があります。ですので、種まき後は、厚く土をかぶせずに、条の両脇に盛りあがった土をそっと戻す程度にしておきます。種まき後は、ジョウロで水をたっぷりあげて、発芽するまでの間は、土が湿った状態をキープするようにします。

苗から始める方は、株と株の間を20cm程度とり、定植します。植付け後は、水をたっぷりあげて土と苗の空隙をなくし、苗がぐらつかないようにします。

次のページでは、シソの手入れ方法やシソの仲間について紹介しています!