里芋の下ごしらえをマスターして作る里芋ご飯

所要時間:60分

カテゴリー:ご飯炊き込みご飯

 

里芋の下ごしらえをついでにマスター!

里芋とタコがたっぷりの炊き込みご飯です。里芋のねっちりとした柔らかな食味をしっかりと楽しんでいただきたい一品です。

里芋は下ゆでして、ぬめりとアクを抜いてあげることで味が一層引き立ちます。下ごしらえさえできれば、あとは材料を炊飯器に入れて炊くだけです。とっても簡単なのに、食べごたえがしっかりとある炊き込みご飯に仕上げました。

里芋とタコの炊き込みご飯の材料(2合分

里芋とタコの炊き込みご飯
2合
360ml
里芋 5~6個
タコ 100g
三つ葉 茎の部分 5~10本分
昆布 5cm
薄口醤油 大さじ1
大さじ1
小さじ1/2

里芋とタコの炊き込みご飯の作り方・手順

里芋とタコの炊き込みご飯

1:準備

準備
分量のお米を洗って水気を切ったら、炊飯器の内釜にお米と分量の水を入れます。冬なら2時間ほど、夏なら30分ほど浸けおきます。

三つ葉をさっとゆでて、2cm幅に切っておきます。タコを一口大に切っておきます。

2:里芋を皮をむく

里芋を皮をむく
里芋の泥汚れをたわしで洗い落とし、皮をむいたら一口大に切ります。

ボウルに里芋を入れて塩小さじ1(分量外)をふりかけ、もみこんでから、水ですすぎます。

3:下ゆでする

下ゆでする
里芋と、かぶるくらいの水を小鍋にいれたら、火にかけて沸騰させます。中火で4分ほど下ゆでしたら、ざるにあけてぬめりを洗い流します。

4:炊く準備

炊く準備
内釜から大さじ2の水を取り除き、薄口醤油・酒・塩を加えてサッと混ぜます。お米の上に昆布、下ゆでした里芋、タコを乗せたら、白米を炊くときと同じように炊飯器で炊きます。

5:炊きあがり

炊きあがり
炊きあがったら、全体を混ぜ合わせてできあがりです。

お好みで三つ葉を加えていただきます。

ガイドのワンポイントアドバイス

里芋はたんぱくなので、魚介と合わせるとおいしく仕上がります。炊飯器なら勝手に料理してくれるので、里芋の下ごしらえさえしっかりしておけば、簡単にねっちりとおいしい里芋に仕上がります。タコ以外でもホタテの水煮缶、塩鮭、じゃこ、干しエビなどもおすすめです。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※衛生面および保存状態に起因して食中毒や体調不良を引き起こす場合があります。必ず清潔な状態で、正しい方法で行い、なるべく早めにお召し上がりください。また、持ち運びの際は保存方法に注意してください。